POLYSICS

POLYSICS

POLYSICS、
それぞれの自宅で演奏した
4人体制最後のライブ映像を公開

POLYSICSが4人体制で見せる最後のライブ映像「Let’sダバダバ(おうちでダバダバ ver.)」をYouTubeで公開した。

2020年春の全国ツアー『POLYSICS TOUR 2020 ~SynchroにCity~』をもって、メンバーのナカムラリョウ(Gu&Syn)が脱退することを発表していたPOLYSICS。しかし、最終日の恵比寿LIQUIDROOM公演を含む後半4公演はキャンセルを余儀なくされ、最後に4人でステージに立つことが叶わないままメンバー脱退の運びとなり、ファンからも落胆の声が多く寄せられていた。

そんな中、彼らの“せめて最後に4人での演奏を観せたい!”というファンへの思いから、急遽メンバー4人がそれぞれの自宅で代表曲「Let’s ダバダバ」を演奏し、リーダーのハヤシが編集したスペシャル映像「Let’s ダバダバ(おうちでダバダバ ver.)」が完成。間奏では、メンバーひとりひとりがファンに向けて現在の心境を語るなど、POLYSICSらしいファンへのプレゼント映像となっている。

ツアータイトル“SynchroにCity”の通り、離れた街のファンともシンクロできることを願って作成された今回の自宅ライブ映像。ツナギとバイザーという彼らの代名詞ともいえるビジュアルで、それぞれの家でテンション高く演奏する彼らの姿は、結成20年以上を経て“どんな時でも変わらないスタンス”の素晴らしさを改めて気付かせてくれる。ファンならずとも、ぜひチェックしてみよう。

「Let’s ダバダバ
(おうちでダバダバver.)」

POLYSICS

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着