エドガー・サリヴァン

エドガー・サリヴァン

【INTERVIEW:
エドガー・サリヴァン】
「言いたいことを表現するには
このやり方でいいんだ」

そこで会える人たちが大切だし、
ライブができる環境が大切

エドガー・サリヴァン

エドガー・サリヴァン

ーーほかの楽曲に関しても伺いたいのですが、「エンドゲーム」の歌詞で“今夜サンタさんになって君の部屋まで行く”というフレーズが印象的でしたが、この季節のリリースで“サンタさん”を入れようと思ったのはなぜでしょうか?

萌:最初、遥のデモには歌詞もフルで入っていたのですが、男目線というか別の目線のストーリーでした。歌詞は書き直してるのですが、このフレーズは印象が強かったので、そのまま活かして使うことにしました。季節というより部屋に侵入するためのヤバい口実という感じです。

遥:“今夜サンタさんになって君の部屋まで行く”というパンチフレーズから作っていった曲なので、これが曲の核になっている、ということです。萌ちゃんが書き直してくれた歌詞の中に僕のフレーズがあまり残っていなかったので、面白いバランスになったなと思っています(笑)。

ーー 笑。「KEMONO feat.なみちえ」ですが、コラボレーションしようとしたキッカケとやってみていかがでしたか?

萌:きっかけはYouTubeで、なみちえのソロと田村兄弟のユニットTAMURA KINGの楽曲を聴いたことです。声とリリック(と彼女の哲学)が素直に良くて、コラボしようとメールで熱烈にナンパしました。ビデオ作りを含め全行程楽しくて最高でした。

ーー「エンドゲーム」のように、日頃起きていることやニュースからヒントを得て曲に取り入れることは他にもありますか?

萌:普段の生活のなかで曲ができるとなると、日常見たものを取り入れるのは自然なことだと思います。フィクションを書きたいという気持ちが最近は薄れてきています。見て感じたものがあれば他人事ではないので、イメージが膨らめば形にしていきたいと思います。

ーー「ジョニーはご機嫌ななめ」ですが、ジューシィ・フルーツのオマージュをしようと思ったきっかけ、そして、曲中の“僕”のように、少年時代を振り返って“初心に戻ろう”と感じた出来事はありますか?

萌:「ジェニーはご機嫌ななめ」この曲を知ったきっかけはPerfumeさんのカバーでした。ジェニーときたらジョニーもいるだろ、とタイトルを決めただけでそれ以上の意味は特にありません(笑)。詞の内容は、東京に来て、髪の毛を派手にしてサングラスかけてブイブイ言わせてる男子メンバーに対して、数年前に誕生日プレゼントとして書いた曲です。

遥:長い間あたためた曲になったなぁと思います(2018年がデモ初稿)。元々、誕生日に贈ってくれた曲なんですが、お前ら調子乗ってるな!っていうのを卒業アルバムの例えで表現してくれたのが面白い視点だと思っていました。でも今後も基本的には調子に乗っていきたいです。それが初心なので。

ーーちなみに、幼い時の夢は何でしたか?

萌:音楽雑誌のライターと、婚活イベントの主催です。

遥:昆虫博士です。今は虫を見るのも嫌です(笑)。

ーー 笑。私たちはコンサートイベント科の学生なのでライブに関して伺いたいのですが、レコーディングと観客の前で演奏するライブとでは、どういった違いがありますか?

萌:ライブでは、表情や振る舞いすべてで歌う、演奏することです。“どうだ、ぐっと来い”、みたいなエネルギーはレコーディングのときは出していないので。

ーーライブをするにあたって心がけていることは?

萌:ライブをするにも出来なくなっちゃって、ライブがしたいな…と思っています。

遥:ひとりよがりになり過ぎないこと。感謝を込めてステージに立っています。
エドガー・サリヴァン:坂本遥

エドガー・サリヴァン:坂本遥

ーースタッフの必要性について伺いたいのですが、どういったことを求めていますか?

萌:スタッフ含め多くの人が本番に鳴った音楽に感銘を受けながらやっている、良い音を鳴らそうとやっている現場はやっぱりいいオーラになりますよね。

遥:イベント前の資料や準備、機材のセッティングや音響周り、楽屋や導線、諸々。ある程度自分でやることも不可能ではないのですが、演奏に集中できればできるほど確実にパフォーマンスもアップします。だからスタッフがいる現場の時は、できる限り演奏だけに集中するように心がけています。スタッフの皆さんがやってくれていることすべてが、ステージのパフォーマンス向上に確実につながっていると思います。ありがたいです。

ーーここ最近、新型コロナの影響でたくさんのライブが中止になっていますが、ライブを楽しみにしている音楽ファンの方々に今伝えたいことはありますか?

遥:僕らもライブで皆さんに会えるのを心から楽しみにしています。ライブがしたくてウズウズしています。リモートで演奏を合わせることは難しいことではないですが、やはり生で合わせる魅力は唯一無二です。一日でも早くライブができるよう、今は健康に、手洗いうがいをして、なるべく外に出ないように過ごしましょう! 心も健康に過ごせるように、家でできる楽しいこともいっぱい探しましょう。

ーー新体制になって初めてのワンマンライブを6月に控えていますが、どのようなものにしたいと思っていますか? その為に進めていること、やっていることがあったら教えてください。

萌:今はとにかく開催を願いながら日々できる事をやっています。ワンマンライブは大切ですが、つまりそこで会える人たちが大切だしライブができる環境が大切です。それらの大事さを痛感しています。ひょっとすると普段感じられなかったようなことを今たくさん感じています。だから、開催して会えたら、新体制のことや『CHAP』のリリースに大きく加えて、この数ヶ月思ったことや演奏できる喜びを伝えたいと思っています。今感じることをまた新たに曲にしたり、オンラインで進められる衣装やグッズの打ち合わせなどは進めていますよ。

ーー今後の夢や、こんなことやりたいなど願望はありますか?

萌:日本のもっとたくさんの地域にツアーで行きたい。ドラムやベースを含むすべての楽器をメンバーふたりのみで演奏する曲を作りたい。あと、ホーンや弦楽器などとのコラボレーションがしたいですね。

ーーでは、最後の質問です。漠然とした問いかけになりますが、あなたにとって音楽とは?

萌:心が動いてることを確認できる方法、最近は自分が思ったことを聴いてもらえるきっかけになるコミュニケーションの一番好きな方法、だと思います。

遥:音楽がないと自分の中の大きなピースが欠けることになると思います。そもそも自分が自分でいるために必要なもので、それをみなさんに届けることが出来るなんてことは幸せなことこの上ないです。音楽はそれを通じて沢山の人と出会い関わらせてくれる、生きることそのものみたいなものだと思います。
取材:椎名康予 丸山桃花(日本工学院専門学校 蒲田校コンサートイベント科)
ミニアルバム『CHAP』 2020年4月22日(水)発売
    • ASCU-778 /¥2,000(税抜)

【ライブ情報】

6月28日(日) 東京・shibuya WWW

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」