蒼井翔太

蒼井翔太

【蒼井翔太 インタビュー】
もっと高く飛ぶために、
僕は走り続けていく

“飛びたいから飛ぶ”鳥のように
僕も高く飛ぶために走り続ける

安心しました(笑)。そして、カップリングの「Existence」はご自身の作詞作曲によるダンスチューンで、しかもほとんど英詞というのが新しい。

これも、もうひとつ幅を広げていきたいという想いからの挑戦ですね。今までほぼ英語っていう歌詞もなかったですし。ダンスチューンにもしたかったので、それなら英語のほうが合うかなと、英語に詳しいスタッフさんに答え合わせしてもらいながら頑張って英訳しました! 内容的には自分やみなさんへの応援歌としても作った曲で、歌詞が“鳥はなぜ空を飛ぶのか?”っていう質問から始まるんですよ。餌を探すためとか、翼があるから飛ぶべきだという使命感のせいとか、答えはいろいろあるだろうけど、僕の中では“飛びたいから飛ぶ”なんですよね。声優活動も、アーティスト活動も、応援してくださるみなさんがいつも追い風をくれるから、高く飛ぶために僕は走り続ける。僕は今、本当に心からやりたいことをやっているから、何度生まれ変わってもこの選択肢を選ぶんだ…っていう自分への喝を入れる曲でもあるんです。

それで《Trust Me》と繰り返しているんですね。

もちろんファンのみなさんに“これからも僕を信じてね”と伝える意味合いもありますけど、そこは最初に言った“自分の可能性を自分で閉じちゃいけない”っていう話の通り、“自分を信じて!”というメッセージでもあるんですね。サビでは“自分がやりたいことこそ壁は高くて、自分が辿り着きたい場所だからこそ道は長い”って歌ってるんですけど、夢があるからこそ壁ができるわけで。でも、壁って乗り越えられない人の前には現れないらしいんですよ。だから、少しでも可能性があるのなら、やりたいことを諦めるのはもったいない!

3曲目の「Shake Shake! Together!」も曲調は違えど、伝えたいメッセージは同じじゃありません?

そうです、そうです! 僕自身、夜はマイナス思考になりがちだけど、ふと空を見上げて“みんな同じ空の下にいるんだよな”って考えれば、すごく安心できるんですよ。悩んでいても仕方ない。明日目が覚めたら、きっとみんなと一緒に起き上がって、動き出せるんだってワクワクできる。そんな僕の気持ちとリンクしていたから、この楽曲を歌うことに決めました。

まさに聴いているだけで心が躍るような、キュートでハッピーな曲ですもんね。ちなみにタイトルは“一緒にシェイクしよう!”という意味ですが、果たして何をシェイクするんでしょう?

感情をシェイクしてほしいです。例えば、ライヴになれば見ず知らずの人たちがいっぱい集まって、ひとつの場所でひとつの時間を過ごしますよね。しかも、いろんな曲を歌うからいろんな感情がグルグル回るじゃないですか。そうやってみんなでシェイクして弾けた気持ちだったり、ワクワクを明日に持ち帰れば、会社や学校っていう日常に戻っても、きっと“ひとりじゃない”って感じられると思うんです。

5月から始まるツアーのタイトルは“WONDER lab. DIMENSION”で、“DIMENSION”は“次元”という意味ですが、つまりは次元を超えるということ?

それプラス、“DIMENSION”には“広がり”っていう意味もあるんですよ。2019年もたくさんのお仕事をさせていただいて、いろんな曲を出させてもらって、ありがたいことにメディアへの出演もたくさんあって。芸能界というものに足を踏み入れる以前に、自分を救ってくれた方とデュエットできたりとか、ひとつの大きな夢も叶えることができたんですね。言ってみれば、自分の可能性を広げるための風穴を開けることのできた1年だったので、2020年はもっともっと自分の可能性とチャンスを広げていきたい。そんな想いから“広げる”というキーワードが出てきたんです。特に楽しみなのが8月10日の追加公演で、会場の東京ガーデンシアターはステージまでの距離がすごく近く感じるらしいんですね。しかも、僕の誕生日の前日なので、これが32歳最後のライヴになるんですよ。

ファンもお祝いモードで駆けつけるでしょうね。きっと今年もまだ言えない、でも言いたいお仕事が目白押しなのでは?

もう、ありまくりです! やりたいこと、チャレンジしたいものほど壁は高かったりするけれど、いつもみなさんの応援があって、みなさんからの追い風を受けて乗り越えることができているんですね。今後もいろんなチャレンジをしていくだろうから、みんなの愛で僕がいろんな壁を乗り越える姿を、今後も楽しみにしていただきたいです。

取材:清水素子

シングル「BAD END」2020年4月29日発売 KING RECORDS
    • 【初回限定盤】(CD+DVD)
    • KICM-92047
    • ¥1,800(税抜)
    • ※プレイパスコード封入
    • 【通常盤】(CD)
    • KICM-2047
    • ¥1,300(税抜)
    • ※初回製造分のみプレイパスコード封入

ライヴ情報

『蒼井翔太 LIVE 2020 WONDER lab. DIMENSION』
5/02(土) 神奈川・カルッツかわさき
5/03(日) 神奈川・カルッツかわさき
5/05(火) 福岡・福岡サンパレス
5/09(土) 大阪・オリックス劇場
5/10(日) 大阪・オリックス劇場
5/23(土) 宮城・仙台サンプラザホール
5/31(日) 愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
6/20(土) 北海道・札幌市教育文化会館大ホール
6/27(土) 神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール
6/28(日) 神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール

『蒼井翔太 LIVE 2020 WONDER lab. DIMENSION+』
8/10(月) 東京・東京ガーデンシアター

蒼井翔太 プロフィール

2011年声優デビュー。主な出演作として『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズの美風 藍役、『王室教師ハイネ』リヒト・フォン・グランツライヒ役、『KING OF PRISM』シリーズの如月ルヰ役、『この音とまれ!』神崎 澪役など。13年6月にミニアルバム『ブルーバード』でアーティストデビュー。19年1月~2月に掛けて全5都市7公演で行なわれた『蒼井翔太 LIVE 2019 WONDER lab. I』は通算約22,000人を動員した。声優のみならず、アーティスト、俳優としても活躍中!蒼井翔太 オフィシャルHP

「BAD END」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着