ピンク・フロイド

ピンク・フロイド

ピンク・フロイドの
スペシャルプログラムを
間もなくWOWOWでオンエア!

1970年代から⾰新的なコンセプト・アルバムを多数発表し、その多くが今もなお世界各国で⽀持され、後進の世代にも影響を与え続けている希少なロックバンド、ピンク・フロイド。WOWOWでは、2020年に結成55周年を迎えた彼らを記念したスペシャルプログラムを5⽉4⽇(⽉・祝)に特集でお届けする。

午後4:25から放送されるのは、1989年7⽉15⽇にイタリア・ヴェネチア グランド・カナルで行なわれた『ピンク・フロイド ライブ in ヴェニス 1989』。ピンク・フロイドの⻑い歴史の中でも極めて⼤きな節⽬となった1985年のロジャー・ウォーターズの脱退を経て、デヴィッド・ギルモア主導のもと、新⽣ピンク・フロイドは新たなスタートを切る。その第1弾となったアルバム『鬱』は1987年にリリースされ⼤ヒットとなり、1980〜1981年の『ザ・ウォール・ツアー』以来となったツアーは3年にも及び、⼤成功を収めた。そのハイライトとして語り継がれているのが、この1989年7⽉15⽇イタリア・ヴェニスでの野外コンサート。⽔の都ヴェニスを象徴する運河の⽔上に特設されたフローティングステージ、その周りを取り囲むたくさんの船、そしてサン・マルコ広場を埋め尽くす30万⼈ともいわれる無数の観客。そんな特殊なシチュエーションで⾏なわれた幻想的かつ圧巻の演奏は、感覚に訴えかけ想像⼒をかき⽴てるピンク・フロイドの魅⼒が凝縮されたものと⾔っていいだろう。

そして、午後5:30からは『ピンク・フロイド ライブ PULSE/驚異 1994』をお届け! 約3年にも及ぶ『鬱』ツアーを終え休養に⼊ったピンク・フロイドは、1994年にアルバム『対(TSUI)』をリリースし、再び動き始める。アルバム発表に伴うツアーはアメリカ、ヨーロッパの77都市で300万⼈を超える観客を動員し再び⼤成功を収めた。ステージ上に設けられた巨⼤なアーチ、円形の巨⼤スクリーンに映し出される抽象的でイメージ豊かな映像、ミラーボールやレーザー光線、⽣き物のように動くバリライトが織り成す光の洪⽔。それまでのコンサートの定義を塗り替える、史上最⼤の光と⾳のスペクタクル・ショーとして語り継がれているコンサートの模様は必見だ。「クレイジー・ダイアモンド」から始まり『鬱』『対(TSUI)』の楽曲も披露する第1部、全⽶チャートに741週もの間ランクインした⾳楽史に残る名盤『狂気』を約20年ぶりに完全再現した第2部ともに聴き応え、⾒応え充分。

ラスト夜7:00からのプログラムは『ピンク・フロイド The Endless River/永遠』。『対(TSUI)』以来20年ぶりとなる2014年にリリースされた、2008年に死去したリック・ライトのトリビュートアルバム『永遠(TOWA)』は全編インストゥルメンタル、アンビエント・ミュージックで構成され、今回の放送ではピンク・フロイドとして最後のアルバムとなった作品のイメージビデオをオンエア。映像は、これまで「吹けよ⾵、呼べよ嵐」「スピーク・トゥ・ミー」「⾛り回って」など数々のピンク・フロイドの作品のアニメーションを⼿掛けたイアン・イームズのプロデュースによるもので、“21世紀のピンク・アルバム”といわれた奇跡の作品。いまだ⾊あせない、彼らの世界観を味わってほしい。

【番組情報】

■『ピンク・フロイド ライブ in ヴェニス 1989』
5⽉4⽇(⽉・祝)午後4:25~[WOWOWライブ]
収録:1989年7⽉15⽇@イタリア・ヴェネチア グランド・カナル

『ピンク・フロイド ライブ PULSE/驚異 1994』
5⽉4⽇(⽉・祝)午後5:30~[WOWOWライブ]
収録:1994年@イギリス・ロンドン アールズ・コート・エキシビジョン・センター

『ピンク・フロイド The Endless River/永遠』
5⽉4⽇(⽉・祝)夜7:00~[WOWOWライブ]

■番組サイト
https://www.wowow.co.jp/special/016223
ピンク・フロイド

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着