嵐「Still...」“まだ”の先に込められたメッセージ

嵐「Still...」“まだ”の先に込められたメッセージ

嵐「Still...」“まだ”の先に込めら
れたメッセージ

「Still...」のタイトルに迫る
Still... 歌詞 「嵐」
https://utaten.com/lyric/jb10709031
春風のように爽やかなイントロと、切ない歌詞で幕を開けるこの曲は、嵐が2007年9月5日にリリースしたシングル『Happiness』のカップリング曲である『Still...』です。
この曲は、ファンによる人気投票でセットリストが決まる「アラフェス」で、カップリング部門にて第1位を獲得しました。
Still... 歌詞 「嵐」
https://utaten.com/lyric/jb10709031
ファンの中でも、名曲として根強い人気のある『Still...』は、疾走感のある曲調が心地よく、旅立ちや別れのつらさを歌いながらも、どこか前向きな気持ちにさせてくれます。
また『Still...』というタイトルはとてもシンプルですよね。
しかし「Still」という単語には「まだ」以外にも様々な意味が存在します。
別れを憂う想いの複雑さを「Still」の意味と共に紐解いていきましょう。
“未だ”の「Still...」
Still... 歌詞 「嵐」
https://utaten.com/lyric/jb10709031
『Still...』は旅立ち、別れを経験した「僕」の目線で進んでいきます。
「あの時」という言葉から、別れはついさっき起こった出来事ではなく、気付いたら遠く離れてしまっていたような、戻ることのできない過去の出来事なのでしょう。
夢に向かってガムシャラに走ってる時に、ふと後ろを振り返ると「君」がいなくなっていた。そんな切なさが滲み出ているように感じます。
Still... 歌詞 「嵐」
https://utaten.com/lyric/jb10709031
大切な人との別れを歌っている歌詞の中で、唯一このフレーズが「僕」のネガティヴな思いを吐き出しています。
「たぶんまだ・・・」に続く言葉が、歌にならないまま消えていくのは「僕」がつらい思いや寂しい思いを飲み込んで前を向こうとしている現れかもしれません。
“なお”の「Still...」
Still... 歌詞 「嵐」
https://utaten.com/lyric/jb10709031
「僕」が大切な「君」の存在で前を向けたように「君」も「僕」を思い出して前をむいて欲しい。
この思いは「愛」や「好き」といった言葉を伴っていなくても、最大限のラブソングであるように感じます。
Still... 歌詞 「嵐」
https://utaten.com/lyric/jb10709031
恋愛を歌った曲ではなくても、大切な「君」に向けて「愛」を贈る。普遍的な愛を歌った曲であることが、多くのファンに愛される理由なのでしょう。
Still... 歌詞 「嵐」
https://utaten.com/lyric/jb10709031
「まだ」という言葉が、ここでは「また」に変わっています。未来を見つめて「君」なしで歩いて行こうと決意した思いと、“それでもなお”「君」に会いたいという思い。
どちらも抱えたまま前向きに進んでいくという気持ちが伺えます。
“思い出の一枚”の「Still...」
Still... 歌詞 「嵐」
https://utaten.com/lyric/jb10709031
もう戻れない過去のことを、悔やんだり思い出したりしながら、それでも「僕」は「旅」をしていきます。
人間らしい葛藤が描かれながら、聴き終えたときには清々しいような気持ちにもなることができるのではないでしょうか。
「僕」が歩いていく旅先で心細くなったときにふと思い出す「君」の存在は、「僕」にとって、大切にしまっているスチール写真(still pistures)のようなものなのかもしれません。
卒業、別れ、旅立ち、出会い…
春はきっと、多くの人にとって、旅の始まりとなる季節だと思います。
『Still...』は春風にも似た爽やかなメロディで、多くの人に前を向くための「愛」をくれる名曲です。

TEXT DĀ

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着