品川教会公演映像作品 『ACOUSTIC LIVE2020 「Op.+」 at CHRIST SHINAGAWA CHURCH』全概要解禁

品川教会公演映像作品 『ACOUSTIC LIVE2020 「Op.+」 at CHRIST SHINAGAWA CHURCH』全概要解禁

有村竜太朗、
品川教会公演映像作品の全概要が解禁

有村竜太朗が2020年2月14日のバレンタインデーという特別な日に開催した『有村竜太朗 ACOUSTIC LIVE「Op.+」AT Christ Shinagawa Church』の様子を収めた映像作品の全概要が解禁となった。

ガラスの隙間から自然光がステージに差し込むDAY公演、ステージに置かれたLEDキャンドルの薄い明かりに照らされるNIGHT公演、両部ともに余すことなく収録したBlue-ray Discと、ライブPhotoに撮りおろしカットを加えたスペシャルブックレットを、聖書をイメージした特殊装丁のケースに収納。さらに、カテドラルのステンドグラスをイメージした光の透過色が幻想的なブックマークが付属されている。

また、「Op.+」公演のコンセプトとして掲げていた「[“時間"や"空間"によって表情を変える音楽の実証実験」の記録とともに、「Op.+」を語ったインタビューも収録されている。

豪華な内容となっている本作は完全受注限定品となっているので、お見逃しなく!

「19罪 / jukyusai」
(ACOUSTIC LIVE2020 「Op.+」
at CHRIST SHINAGAWA CHURCH )

「恋ト幻 / rentogen」
(ACOUSTIC LIVE2020 「Op.+」
at CHRIST SHINAGAWA CHURCH )

品川教会公演映像作品 『ACOUSTIC LIVE2020 「Op.+」 at CHRIST SHINAGAWA CHURCH』受付期間: 2020年6月5日(金)23:59まで
    • ¥9,800+税
    • <収録内容>
    • ・ACOUSTIC LIVE「Op.+」AT Christ Shinagawa Church 《DAY+》
    • ・ACOUSTIC LIVE「Op.+」AT Christ Shinagawa Church 《NIGHT+》
    • ・有村竜太朗special interview
    • ・秘密の特典映像
    • (※メニュー画面上は表示されない特典映像を収録。リモコンのカーソルキーで”ある操作”をすると再生されます。)
    •  
    • <仕様>
    • ・Blu-ray
    • ・Op.+ Experimental Music Bible
    • (聖書をイメージしたケースに、ライブPhoto+撮り下ろしカットを加えたスペシャルブックレット。)
    • ・Op.+ Stained Glass Bookmark
    • (大聖堂のステンドグラスをイメージしたブックマークを付属。)
    •  
    • お届け予定日:2020年6月17日(水)前後
    • 受付はこちら:https://store.skiyaki.net/Op_plus
品川教会公演映像作品 『ACOUSTIC LIVE2020 「Op.+」 at CHRIST SHINAGAWA CHURCH』全概要解禁
品川教会公演映像作品 『ACOUSTIC LIVE2020 「Op.+」 at CHRIST SHINAGAWA CHURCH』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着