avex次世代アーティストが90’s名曲
をリバイバル。原曲と比較してみた!

これぞ究極の完コピ!avexアーティスト
による究極の「リバイバル」CM映像が解
禁!

90年代〜00年代初頭にリリースされた数々のヒット曲を、avexの新世代のアーティストが時を越えてリバイバル(新たな解釈でカバー)したコンピレーションアルバム「avex revival trax」が、5月13日にリリースされる。

本日、そのアルバムに収録される楽曲のリバイバル映像が全て解禁された。
avex revival trax – ORIGINAL & REVIVAL –

ここ数年、世界的にも90年代を中心とした“80年代〜00年代リバイバル”に注目が集まっているなか、avexも機を同じくし、昭和のヒットソングをカバーした作品(80s/90s J-POP REVIVAL)をリリースし、海外のプレイリストを賑わせたり、創業30周年のアニバーサリーイヤーには、世界的なコスメティックブランド「M・A・C」とのコラボレーションで「NEW REVIVAL」キャンペーンを実施するなど、リバイバル企画を継続してきた。

そして、現在放送中のテレビ朝日系土曜ナイトドラマ+ABEMA独占配信 「M 愛すべき人がいて」は、まさに90年代の音楽業界を描いたドラマとして、大きな話題を呼んでいる。

今回のアルバムは、そんな様々なリバイバル企画をキュレーションしリリースされるメモリアルな作品でありながら、新型コロナウィルスで暗いニュースばかりが溢れる現状に対し「リバイバル」という言葉が元来持つ「復活・再生・回復」をコンセプトに「踊れる未来へ」 というキャッチコピーを掲げて、少しでも「おうち時間」を楽しいものに!というメッセージが込められた作品でもある。

「原曲」と「リバイバル版」を比較して
みた!

Hina from FAKY revived Every Little
Thing「出逢った頃のように」

原曲
リバイバル版
Every Little Thingの名曲をリバイバルしたのは、海外からも注目を集める5人組ガールズ・ユニオン、FAKYのメンバー・Hina。AbemaTV「月とオオカミちゃんには騙されない」に出演したことで知名度を一気に上げている彼女。実は本曲がリリースされた1997年生まれなのだという。今回は原曲のMVを忠実に再現するために、いつもの重ためな前髪やストレートのロングヘアを封印し、透け感のある前髪とまとめ髪で登場。画面フレームも再現し、90年代ならではのアナログ感や懐かしさを感じます。

Hina自身も、「普段こうして大先輩の曲をカバーさせていただく機会はなかなかないので、とても光栄で本当に嬉しく思っています。私自身一人でカバーさせて頂くことははじめての経験だったのでとても緊張しましたが、普段自分たちの曲を歌うときとはまた違った感覚で望めたのでとても貴重な経験になりました。またひとつ新しい自分に出会えた気がします」とコメントしている。

・FAKY https://faky.jp/ ・Hina Instagram https://www.instagram.com/hina_faky/ ・Hina Twitter https://twitter.com/Hina_faky

avex次世代アーティストが90’s名曲をリバイバル。原曲と比較してみた!はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着