MIYAVI、
志磨遼平、nano.RIPEなど
4月リリース12作品を紹介

フリーマガジン『music UP's』vol.186(4/20発行)にも掲載中の『DISC GUIDE』から、4月リリースの12作品を紹介!

1.『G/P』/GO TO THE BEDS & PARADISES from GANG PARADE
2.『LOST BOY』/大橋ちっぽけ
3.『ハロー、エイプリル』/saji
4.『Sweet Cruisin’/Anly
5.『ID10+』/志磨遼平
6.『VOO DOO?』/ドミコ
7.『Holy Nights』/MIYAVI
8.「ラストチャプター」/nano.RIPE
9.『SUNCTUARY』/SpecialThanks
10.「LOVE&POP」/東京初期衝動
11.「12cm」/all at once
『G/P』/GO TO THE BEDS & PARADISES from GANG PARADEAlbum 4/1 Release
    • FUELED BY MENTAIKO/WARNER MUSIC JAPAN
    • WPCL-13176
    • ¥2,200(税抜)
GANG PARADE分裂発表後に新ユニットが誕生し、その2組によるスプリット作。先手のGO TO THE BEDSはエッジ際立つ緊張感が漲るロックナンバーを解き放つ。とはいえ、エレクトロ色の強い「ANSWER」と踊れる曲調も用意。後手のPARADISESはキャッチーなポップ性を炸裂させた楽曲が勢揃い。ノリの良い「キモチイイコトシタイ!」も秀逸だ。5月に脱退するカミヤサキのソロ曲も最後に収録。
TEXT:荒金良介
『LOST BOY』/大橋ちっぽけAlbum 4/1 Release
    • 日本コロムビア
    • COCP-41097
    • ¥2,500(税抜)
洋風でメランコリックな曲調、憂いあるヴォーカルから新境地を感じさせる今作の根幹になっているのは大橋自身の失恋体験。そのことが大きく作用していることもあり、一曲一曲を順に堪能していくと、結ばれなかった男女の恋愛がドラマのようなリアリティーを帯びて目の前に広がった。ピアノ、打ち込みなどのシンプルな音色で表現されたいくつもの感情が、熱を持ったまま胸に染みわたっていくような作品だ。
TEXT:小町碧音
『ハロー、エイプリル』/sajiMini Album 4/1 Release
    • KING RECORDS
    • 【初回限定盤】(CD+DVD)
    • KICS-93914 ¥2,300(税抜)
    • 【通常盤】(CD)
    • KICS-3914 ¥1,800(税抜)
昨年リリースしたシングル「ツバサ」が注目されたphatmans after school改めsajiによる改名後初のミニアルバム。別れと新たな出会いの訪れをテーマに普通の人々が共感できる物語を歌った6曲を収録。バラードからファンキーなものまで、ストリングス、ピアノといった基本編成にない音色も使いながら楽曲を彩るアレンジは、まさに王道のJ-POPの趣ながら、意外にアツいバンドの演奏も聴きどころだ。
TEXT:山口智男
『Sweet Cruisin’/AnlyAlbum 4/8 Release
    • Sony Music Records
    • 【初回生産限定盤】(CD+DVD)
    • SRCL-11470 ~ 1 ¥5,000(税抜)
    • 【通常盤】(CD)
    • SRCL-11472 ¥2,727(税抜)
窮屈に感じていた“ギター女子”というレッテルも今はとうの昔と笑い飛ばすだけにとどまらず、洋楽と邦楽の垣根も軽々と超えられる可能性をアピールする2年振りのアルバム。R&Bやヒップホップの影響も含め、メイスントリームのポップサウンドに取り組んだ前作での試みが、シンガーソングライターとして、そして彼女自身の成長を経て、ダンサブルなものからバラードまで、強い印象を残す全10曲に実っている。
TEXT:山口智男
『ID10+』/志磨遼平Album 4/15 Release
    • EVIL LINE RECORDS/ KING RECORDS
    • KICS-3919 ~ 20
    • ¥3,300(税抜)
    • ※CD 2枚組(RIOT盤/ QUIET盤)
2010年に毛皮のマリーズでメジャーデビュー、2012年にはドレスコーズを結成し、現在はバンドメンバーを定めないスタイルでロックンロールを鳴らし続ける志磨遼平。そんな10年の軌跡から厳選した2枚組ベスト。ライヴ仕様の熱く激しいRIOT盤、ミディアム~スローな曲が並ぶQUIET盤の両面から志磨の魅力に迫る今作には、アツくセンチでロマンチストな“ロックンロール馬鹿=IDIOT”の誇りと生き様が凝縮!
TEXT:フジジュン

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着