曽我部恵一、新曲「Sometime In Tok
yo City」今夜リリース 15分にも及
ぶフォーク・ナンバー

曽我部恵一が新曲「Sometime In Tokyo City」を5月8日(金)にリリースする。

3月にはサニーデイ・サービスによるニュー・アルバム『いいね!』をリリースするや否や、世界中でコロナ・パンデミックが起こり、バンドも予定されていたツアーが延期となり、スタジオ休業により練習も録音も不可能な状況に。さらに、曽我部が運営するレーベルやショップも苦境に立たされているという。そんな中、東京・下北沢にカレー屋「八月」を、直後に同じビルに中古レコード・ショップ「PINK MOON RECORDS」をオープン。自ら店頭に立ち、一時的にでも音楽から離れた自分を、4月12日のTwitterにて、アルバム『いいね!』最終曲「時間が止まって音楽が始まる」からの引用を含め以下のようにコメントしている。

この混迷を極める時代に産み落とした本楽曲は、1972年のJohn Lennonに倣って「Sometime In Tokyo City」と題されたという。アーティスト・曽我部恵一から、ひとりの生活者へのシフト・チェンジで得たものと、失ったもの、朝から晩まで労働する彼の目に映る景色、脳裏をよぎる言葉やメロディ。それらがある夜、止めどなく溢れ、この曲になったという。一晩で制作し、ベッドルームで録音。フォークロック的なフォーマットを採り、15分にもわたる楽曲になっている。


【リリース情報】

曽我部恵一 『Sometime In Tokyo City』

Release Date:2020.05.08 (Fri.)
Label:ROSE RECORDS
Tracklist:
1. Sometime In Tokyo City

■ ROSE RECORDS オフィシャル・サイト(http://rose-records.jp/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着