PEARL CENTER始動後初インタビュー。
美しきポップの源泉に迫る

PAELLASのヴォーカルMATTONと、共にスプリット盤をリリースしたYOUR ROMANCEのヴォーカルinui、Pistachio Studioのクルーであり、Mimeのドラマーとしても活躍するトラックメイカーTiMT、そして元PAELLASのmsd.。彼ら4人からなるPEARL CENTERが本格始動した。
『Humor』を聴いてみてほしい。流麗なメロディからは、ポップソングへの敬意と作り手の品性を感じるだろう。ヒューマン・リーグやスクリッティ・ポリッティといった、実験的で華やかな音楽が花開いた80’sを参照にした上音。90年代の日本を彩った、上質なポップスのDNAを引き継いだメロディ。そしてテン年代以降のエッセンスを持つトラック。様々な時代のカルチャーをブレンドした、ハイブリッドな音楽性を展開するバンドである。
また、時にアイロニカルに綴られる、仄かな希望と諦念が同居したリリックも彼らの個性である。それを歌うMATTONのかぐわしい歌唱と、絡み合うように彩りを与えるinuiの声、PEARL CENTERはどこを取っても美しい。きっと気の置けない仲間と結成したことが功を奏しているのだろう。互いの信頼感をベースに、4人の個性的なキャラクターが溶け合うことで既に理想的なチームワークが形成されている。
PEARL CENTERの可能性に、いち早く迫った全員インタビューである。

ロマンを追い求めたいと思った

ー結成は?

インタビュイー画像

MATTON:

2018年ですね。

ー結構経ちますね。PAELLASで活動されていた頃だ。

インタビュイー画像

MATTON:

そうそう。
インタビュイー画像

msd:

その時はPAELLASのスケジューリングでMATTONが忙しかったので、中々集まることも出来なくて。最初の一年はどういうもの作りたいのかをキャッチボールしながら、探り探りPERAL CENTERの土台を作っていく時間でした。

ーMATTONさんとMsd.さんはかつてPAELLASで共に活動していた時期がありますが、どういう経緯でこの4人で集まることになったんですか?

インタビュイー画像

MATTON:

PAELLASの制作では、PAELLASという箱に合わせて自分の色を投影しいく感じだったので、より自分のロマンを追い求めたいなと思って。何か新しいプロジェクトを始めたいと思っていました。そこで直接的なきっかけになったのが、Msd.君がDJとして出るイベントで、Frank Oceanのカバーをやりたいって言ってきて。
そこで僕が歌い、inuiくんにギターとコーラスをやってもらったのが凄く感触がよかったんですよね。それでふたりを誘って、最後に声をかけたのがTiMTかな。当時切ってもらっていた美容師が一緒で、その人から紹介してもらって連絡を取りました。
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着