LACCO TOWER、メジャー5周年企画リバ
イバルワンマンツアー『再燃』の開催
を中止 オンラインで開催へ

LACCO TOWERが6月より開催を予定していたメジャーデビュー5周年記念リバイバルワンマンツアー『再燃』を、ライブハウスに観客を動員しての開催を中止し、代わりにオンラインで開催することを発表した。
昨今の新型コロナウイルスの感染拡大と、現時点において終息の見通しがたっていない状況に鑑み、来場者や関係者の健康と安全を最優先に考慮し開催の中止が決定した。開催を予定していたライブハウスと共に、元々のワンマンツアーのコンセプトは変えず、チケット制デジタル生配信に変え、『再燃 〜ライブハウスと電波にのって編〜』と銘打っての開催となる。
本企画には、コロナウィルスの影響でイベントの延期や中止が続出している中、ライブハウスと共にこの状況を乗り越えていきたいという意味合いのもと「ライブハウスとの共同開催」となる。各会場は、本来のライブ開催時と同様にスケジュールを空け、当日のSNS等での発信なども含め、「共同開催」を実施。そのため、LACCO TOWERとしてはキャンセル代ではなく、会場使用料を支払い、ライブを開催するという方針。LACCO TOWERは「これは特別な事ではなく、“アーティスト”と“ライブハウス”の当たり前の関係性をオンライン上で実現する仕組みであり、新たな試みとしてのチャレンジ」としている。また、「現時点では、当日実際の会場は使用しないが、状況に鑑み、配信・演奏状況は最善の状態でお届けする」とアナウンスされている。
リバイバルワンマンツアー『再燃』は、すでに発表されている、6月20日(土)名古屋 APOLLO BASE、7月5日(日)仙台CLUB JUNK BOX、7月23日(木・祝) 恵比寿LIQUIDROOMの3公演と、未発表の8月2日(日)群馬 高崎club FLEEZ、8月23日(日)大阪Music Club JANUSを加えた計5公演を予定。
デジタル生配信のチケット詳細・発売については、後日オフィシャルHPにて発表となる。そして、元々予定していたライブハウスで観客を動員してのライブは、上記理由により開催は中止。開催形態の変更に伴うチケットの払い戻しについては、緊急事態宣言の期間が延長されたことを受け、6月1日(月)から開始となる。
LACCO TOWER Vo.松川ケイスケ コメント
この度企画していたリバイバルワンマンツアー「再燃」は、新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑み、ライブハウスにお客様を入れての開催は出来ないと判断させて頂きました。楽しみにして頂いた皆様には、本当にごめんなさい。
今回の中止を受け、楽しみにしてくれてた皆へはもちろん、ライブハウスで育ってきた我々ラッコタワーが、果たしてこの状況で何が出来るのか。この1か月ちょっと、ずっと考えていました。
色々とアイディアも浮かびましたが、そのどれもが一過性のモノであるような気がして、そうじゃないんじゃないかなと、考えを巡らせました。
その中で、ハコもバンドも皆も一緒にライブを開催することが、オンラインでならできるのではないか。
今だからこそやる意味があるんじゃないか。そう考えました。
ハコには当たり前に場所代を払い、ライブをやる。オンラインという新たな場所に、ハコの名前と、バンドの名前とで、予定通り同じように、今度はオンラインに新しい現場を作る。ライブハウスがそうであるように、その新しい場所で、ハコと皆と遊びたい。
未発表だった開催予定のハコも全部ひっくるめ、巻き込ませて頂きます。快諾して頂いたライブハウスの皆様、本当にありがとうございます。
これが正しいかなんて分からないし、それこそ一過性のモノなのかもしれないけど、やっぱり誰かだけが生き残るのは違うと思いました。
払い戻しって寂しいよね。面倒だよね。本当にごめん。
だから今はオンラインで会おう。
ハコがなければ存在しなかった我々と、皆と、ハコと、オンラインで一緒に現場を作ろう。
LACCO TOWER Vo.松川ケイスケ

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着