デビュー15周年を迎えた東方神起の集大成バラード「まなざし」

デビュー15周年を迎えた東方神起の集大成バラード「まなざし」

デビュー15周年を迎えた東方神起の集
大成バラード「まなざし」

東方神起からのストレートな感謝の想い
『まなざし』は、2020年1月にデビュー15周年を迎える東方神起が、ファンへの感謝の気持ちを込めて送るバラード曲としてリリースされました。
曲全体を通して今まで支えてくれた方々への感謝の気持ちが歌われています。
まなざし 歌詞 「東方神起」
https://utaten.com/lyric/ya19121277
1番の歌詞では、自分たちが辛くて心が痛んでいた時、ずっと見守って支えてくれた人たちへのメッセージのように聞こえます。
サビの最後では「決して一人じゃ叶わない、眼差しに教えてもらったんだ」という歌詞が印象的で、そこにはファンがいたからここまでこれたという気持ちが伝わってきますね。
切なさを感じさせるメロディーと歌詞がマッチしていて、ファンは感動すること間違いなしです。
ファンがあってこその自分たち
まなざし 歌詞 「東方神起」
https://utaten.com/lyric/ya19121277
2番冒頭では、ファンのありがたみに気付けたことへの喜びが歌われています。
長く活動していく中、デビュー当初はファンのありがたみがあまり理解できていなかったものの、たくさんの困難を乗り越えファンがいてこそ自分たちの居場所があり、音楽活動ができていることに気付く、そんな自分たちの感情の変化が描かれているのでしょうか。
歌詞では、二度続けて「嬉しいんだ」という歌詞が使われるくらい、キャリアを重ね大人になっていくにつれて、大きな心情の変化があったのかなと感じさせられます。
東方神起の強い決意を歌っている
まなざし 歌詞 「東方神起」
https://utaten.com/lyric/ya19121277
ラストのサビ前では「言葉を渡したから、言葉を返してくれる、そんなものじゃないんだ」という歌詞があり、自分たちファンたちと繋がれている絆は単純なものではないという深いメッセージが込められているように感じます。
その後の歌詞では自分たちの今後に対する決意が歌われており、どれだけ厳しく苦しいことがあっても目を背けずに受け止め、ファンたちと乗り越えていくという強い意志が汲み取れます。
それと同時にどんな壁があっても、ファンが傍にいてくれるという厚い信頼感もありますね。
今後この歌は東方神起にとってもファンにとっても思い出深い曲になるでしょう。

TEXT icehockey8

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着