イメージ

イメージ

「検察庁法改正案に抗議します」大ム
ーブメントほど慎重に:ドラァグクイ
ーン・エスムラルダ連載311

エスムラルダの「勝手にワイドショー!」
連載第311回 「検察庁法改正案に抗議します」大ムーブメントほど慎重に 今週、ツイッター上で話題となったのが、「#検察庁法改正案に抗議します」。きゃりーぱみゅぱみゅや浅野忠信、小泉今日子、水原希子ら著名人が次々にこのハッシュタグをツイートし、そうした呟きを擁護する人、攻撃する人が入り乱れて大騒ぎに。
 何年か前から、ネット等で「ネトウヨ」「パヨク」という言葉がしきりに使われるようになり、少しでも政府を擁護すれば「右」、少しでも政府を批判すれば「左」と言われがちだけど、その風潮、ほんとどうかと思うわ。アタシからすれば、人の考えを「右」「左」の二つに分けること自体が乱暴すぎ。たとえば、「日本が好きか嫌いか」「天皇制に賛成か反対か」「現政権を支持するかしないか」「原発に賛成か反対か」「同性婚に賛成か反対か」って、本来まったく別の問題じゃない?「どちらかといえば右寄りだけど、現政権には否定的で、原発には反対で、同性婚には賛成」とか「どちらかといえば左寄りだけど、現政権には肯定的で、原発には賛成で、同性婚には賛成」とか、人の数だけいろいろな考えがあるはずなのに、多くの人が自分や他人を大ざっぱに「右」と「左」に分け、「敵」に向かってむやみやたらに石を投げている。
 まあでも実際、「政府がやることを何でもかんでも擁護」「政府がやることに何でもかんでも反対」という人が少なからずいるのもたしか。そしてアタシからすると、やはりどちらも極端だし、「何かに自分を100%委ねてしまっている」という点では、結局は同じだと思うの。政府の施策には、到底擁護しえないものも、認められてしかるべきものも確実にあるのに、「何でもかんでも擁護」派はダメな施策に、「何でもかんでも反対」派は認めるべき施策に触れないようにしている。一人ひとりが丁寧に考え、認めるべきものをきちんと認め、反対するべきものにはきちんと反対するという姿勢を持たない限り、国も政治もなかなか良くならないんじゃないかしら。
 今回の件に関しては、今まで「芸能人が政治について発言するのはタブー」という空気が強かった日本で、あれだけ多くの人が声を上げたことに、アタシは社会の変化のようなものを感じたわ。ただ、著名人の発言は影響力が強く、大きなムーブメントにつながりやすいだけに、発信する方も受け取る方も、今後、より慎重にならなければならないと思うの。もしかしたら、みんなが一つの問題に熱中している間に、政府が別の、もっと反対するべき問題を進行させてしまうかもしれない。あるいは、何かへの抗議が、日本の国益を損ね、他国を利することにつながってしまうかもしれない。この社会は複雑で、みんなが納得できるような正解なんてなかなか出ないけど、あきらめずに、面倒くさがらずに、いろんな人の意見をフラットに聞き、調べ、自分の頭で丁寧に考えること。それが、本当の意味で自分たちの生活を守ることにつながると、アタシは思っているわ。
<水曜連載>※都合により木曜更新
図版:ハッシュタグ イメージ
エスムラルダ、ユニット「八方不美人」でレコーディング! 新曲「地べたの天使たち」の販売(配信)を5月にお届けするべく準備中! Youtube生配信「不美人たちの生配信Vol.1」もアーカイブをアップロード! Vol.2も生配信済! なお、すでに終了している無観客ライブの配信版(Youtube八方不美人チャンネル)にて新曲はお聞きいただけます!
デビューミニアルバム「八方不美人」、2ndミニアルバム「二枚目」発売中!  楽天ブックス「八方不美人」CD販売特設https://books.rakuten.co.jp/artist/100000000837805/
JOYSOUNDの新機種で「愛なんてジャンク」本人映像と「流砂の恋」「罰をくらえ愛で」配信中、Youtubeで「流砂の恋/ドリアン・ロロブリジーダ」「ディレンマ/エスムラルダ」「魔法時間/エスムラルダ」ほか大量MV公開!

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001
連載バックナンバーはこちら →
https://wp.me/p95UoP-4L(コピペして検索窓に)
おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/135072

ブッチNEWS

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着