大阪☆春夏秋冬

大阪☆春夏秋冬

「アイドルたちのミュージックバトン
」第九回~大阪☆春夏秋冬~

アイドル本人が自らの楽曲を言葉で紹介し、心を通わせるアイドルに繋ぐ「アイドルたちのミュージックバトン」。

第九回目は、前回「Task have Fun」からバトンを受け取った「大阪☆春夏秋冬」が登場!
2012年に大阪の同じダンススクールに通うメンバーたちで結成される。メインヴォーカルMAINAの圧巻の歌唱力と5人の個性溢れるコーラスワークで多彩なジャンルの楽曲を発信し続け、常に「LIVE」を戦場に泥臭く勇猛果敢にパフォーマンスし続けて来た。
今年7月29日には2年ぶりのフルアルバム『BRAVE SOULS』が発売される「大阪☆春夏秋冬」に自らのおススメの曲たちを聞いてみた。
 
アイドルたちのミュージックバトン「大阪☆春夏秋冬」
 
■まずはこの1曲!
「Brave Soul」/大阪☆春夏秋冬
初めてライブに来るときに予習していて欲しい曲です!
大親友の中村貴咲(プロスケーター)に、RUNAから手紙を書きその手紙をもとに作られた1曲です。
貴咲との思い出、約束。
大阪☆春夏秋冬として届けられる事が嬉しいです。
てっぺんという夢をファンの皆さん、メンバー、そして貴咲と改めて約束できる1曲に仕上がりました。
(RUNA)
 
■テンションが上がる1曲!
「MOVE AROUND」/大阪☆春夏秋冬
イントロからぶち上がってしまうこと間違いなし!アルバムの1曲目としてSMORGASのアイニさんにお願いして作詞・作曲して頂いた90年代初期のミクスチャー感のあるトラックにメンバー全員がラップに挑戦している

1曲!
一緒に踊って会場揺らせちゃうと思うのでライブで体感して欲しい1曲でもあります!揺らせどこまでも〜♪
(EON)
■心にクる1曲!
「太陽と月とピザ」/大阪☆春夏秋冬
泣ける1曲。「太陽と月みたいな距離感じゃ、やだ。」会いたいのに、会えないし、会いたいって素直にまっすぐは伝えられない。そんな少し切なくも可愛らしい一面が表れている歌だと思います。
この曲のMVは「浜松から大阪まで自転車で大阪☆春夏秋冬が走って帰ってくる」と言う企画のドキュメンタリーになっているので、私にとってあの日の辛さ、楽しさ、「6人じゃないとダメなんや」「6人やったら何でもできる」そう思えた気持ちを思い出させてくれる曲になっています。なので、聞いてる皆さんにとっても、大切なあの人や、大切なあの日を思い出す時にBGMとして流れる、そんな存在の曲になれば嬉しいな、と思います。
あとは、曲の後半の大どんでん返しもお楽しみください!笑
(MANA)

■次のアイドル『フィロソフィーのダンス』さんの好きな曲
「ベスト・フォー」/フィロソフィーのダンス
フィロのスさんとは、TIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)でコラボした『大阪のダンス』をきっかけに仲良くさせていただいていて、とてもリスペクトしているアーティストさんでもあります。
ライブを見るたびに、”上手い””カッコいい””可愛い”という言葉が出てくるのですが、それ以上に純粋にその時間を楽しませてくれる。”常に最高の魅力を届ける生のライブ”とはこの事なのか、、、といつも感動しています。
素晴らしい曲が沢山ある中でこの曲を選ばせていただいたのもそれに繋がる理由があって。
「bestな4人」と「最高の観客」という関係の中で”君の好きなものに君の前でなるよ” なんて目の前で
歌われたらたまらないでしょう!(笑)
その歌詞と歌が重なった時にめちゃくちゃ感動するんですよ、、、。
歌詞にすると(  )に入るような後追いのコーラスワークも気持ち良くて、ハルちゃんの歌声と共にサビで一気に心を鷲掴みにされるのもこの曲の好きな所です!ソウルフルなんだけど、広瀬香美さんのようなクリア感もあって、、、。
また、一緒にコラボしたいですね!沢山ふざけて、本気で届ける。フィロのスさんとコラボしていると最高に気持ちいいです!是非またお願いします^^
(YUNA)

※次回の「アイドルたちのミュージックバトン」フィロソフィーのダンス編は5/22(金)公開予定です。お楽しみに!

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着