懐かしくも新しい、猫戦のサイダーミ
ュージック

爽快感が耳をかけていく

繊細な泡が弾けるサイダーのようなバンドだと思った。一聴すると爽やかさが体を染みわたり、甘さがほんのりとひろがっていく。彼らの名前は、
。京都を拠点とする現役大学生のバンドだ。
猫戦の特徴は、70’s80’sのシティポップを彷彿するサウンドと現代を生きているリリックだ。線が細いのに意志のあるギターの音色は軽快で、グルーヴィーなリズム隊や浮遊感あるキーボードと共に懐かしい空気を作りだす。一方で歌詞は、ルールに捉われることなく自由だ。韻などには気を配っているが、“誰にでも伝わる言い回し”などの凡庸性はない。だからこそ彼らの音楽は、懐かしさと新しさが混在する魅惑の世界が広がっているのではないだろうか。
先日配信が開始された『鶴/サテライト』は、今年の2月に発売された1st シングル。サイダーサウンドとウィスパーボイスの良さを味わえる2曲の他、カラオケバージョンも収録された90‘sオマージュ仕様となっている。バンドとしての良さを味わったあとに、インストの旨味も堪能できる楽しさの幅が広がる1枚だ。

こんなアーティストが好きな人におすす

土岐麻子・mei ehara・Laura day romance・Easycome

猫戦 アーティストページ|BIG UP!

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着