遥海の声に帯びる普遍的な強さ。メジ
ャーデビューシングル「Pride」

遥海はまさに、“シンガーの中のシンガ
ー”

実に味わい深いコクのある低音、宇宙のような無限性を感じるパワフルな高音、繊細で艶っぽい息づかいといった声の魅力を以て、オーセンティックなソウル/R&Bからコンテンポラリーなポップスまでを見事に歌いこなすスキル。情景や文字が目の前に浮かんでくるような、メロディに乗った言葉の可能性をこの上ないレベルで感じさせてくれる表現力。遥海はまさに、“シンガーの中のシンガー”だ。

そんな遥海を構成するルーツは大きく分けて二つある。まず一つは小学生までをフィリピンで過ごしたこと。幼少期に教会で歌うことから始まり、Whitney HoustonBeyonceといったR&BやAerosmithといったロックまで、アメリカのトップチャートを中心とした新旧英語圏のさまざまな音楽を聴いて育ったことで、彼女にとって歌と生活は切っても切り話せない関係になった。

そしてもう一つは、中学生になって日本語がほぼ話せない状態で日本に引っ越してきたこと。以前彼女に行ったインタヴューでも、言葉の壁に当たった経験があるからこそ、言葉に人一倍心が乗っているように感じた。目を大きく開き私を見ながら、丁寧に話す姿。何が楽しくて何が辛くて、何が曖昧なのか。喜怒哀楽やその間にある感情が会話からも歌からも、強くはっきりと伝わってくる。

そういった経緯もあって、満を持してのメジャー・デビュー曲のタイトルが「Pride」であることは筆者の胸に強く響いた。日本語しか話せない人がほとんどの日本において、二つのルーツがあることはアドヴァンテージでもあると同時に、日本語は後追いであったために、どうしてもコミュニケーション上の悩みが生じる。また、音が一文字一文字区切られた声である日本語と、文字の連動とブレスである英語では、音譜に対する当たり方も異なるため、メロディやグルーヴを表現するとなるとなお難しい。そんななかで、遥海は一貫して“自分らしさ”について歌い続けてきた。ときにたくましく、ときにシリアスに、ときに楽観的に、さまざまな感情とともに、そこに立ち生きている意味を探し続けてきたことで手に入れた、メジャーという新たなフェーズに対して、「Pride」というタイトルはもっともシンプルでしっくりくる。そしていざ再生ボタンを押してさらに納得。遥海らしさを凝縮した4分半のアンセムがここに誕生した。

ポップスにR&B、エレクトロも顔を出す、どこか懐かしいフレーズとモダンなグルーヴが融合した多彩なトラックが、汎用性ではなく圧倒的な力でどんな曲も乗りこなすヴォーカルを引き立てる。小細工なしの真っ向勝負なメロディと、“守りたいもの マイ・プライド”という明快なセンテンスを結論に、誰しもが少なからず抱いたことがあるであろう心の葛藤やドラマをストレートに描いた歌詞は、アイデンティティと向き合い続けてきた遥海が歌えば、さらにエヴァーグリーンな輝きを帯びる。

またこの曲はTVアニメ「波よ聞いてくれ」のエンディング・テーマでもある。ラジオ・パーソナリティの道を歩むことになった主人公と、ZIP-FM「Midnight Getaway」でラジオ・パーソナリティに挑戦することになった遥海自身の状況が重なったことも実に興味深く、また彼女にインタヴューできる機会があれば、その辺りの想いについても訊いてみたいところだ。
そして今回のカップリングは3曲。「Pride」と同じく日本語のみの歌詞で構成される「answer」。不確かでも不器用でも前に進む決意を歌った曲で、シンプルな8ビートが躍動するパワフルなサビに勇気づけられる。海外の制作チームが手がけた「Hearts Don’t Lie」は、トラップ以降のビートやEDM的な煽りもミックスされたモダンなトラック。「Fever Dream」は、今までにありそうでなかったキュートでチャーミングな遥海を堪能できるエレクトロ・チューン。力強さにフォーカスしたダイナミクスによる演出だけでなく、こういったクールなビートを軽やかに歌うスタイルもまた素晴らしい。

こうなると早くライヴに行きたくなる。しかし新型コロナウィルスの影響で、いつその願いが叶うかはわからない。制作時期的なことを考えると、今現在世に出ている曲のほとんどはこの事態ありきで作られたものではないにせよ、避けれられない問題が付いてきてしまった。そんななか、音楽に何を思い何を求めるかは人それぞれ。遥海の歌声が誰にどう作用するかも、一概に語れるものではない。しかし、少なくとも筆者は、錯乱する情報や見解に押しつぶされそうな状況下で、「Pride」や「answer」にある、てらいのないありのままの前向きな歌の世界に触れ、普遍的で原点的な人の力を見直すことができた。また新しい世界で、彼女のパフォーマンスを観られる日が楽しみだ。

〈リリース情報〉

2020.5.20 release
MAJOR DEBUT SINGLE 『Pride』

配信:https://harumi.lnk.to/MUKcHWN
CD購入:https://aoj.lnk.to/qMrmYWN

通常盤(CD) 1,430円 BVCL-1082
<CD>
1. Pride
2. answer
3. Hearts Don’t Lie
4. Fever Dream
5. Pride instrumental

初回生産限定盤(CD+DVD) 1,980円 BVCL- 1080~1
<CD>
1. Pride
2. answer
3. Hearts Don’t Lie
4. Fever Dream
5. Pride instrumental
<DVD>
1. Pride MUSIC VIDEO
2. 記憶の海 another ver. MUSIC VIDEO
3. Don’t Break My Heart MUSIC VIDEO

期間生産限定盤(CD+DVD) 1,760円 BVCL-1083~4
<CD>
1. Pride
2. answer
3. Hearts Don’t Lie
4. Fever Dream
5. Pride instrumental
<DVD>
「波よ聞いてくれ」ノンクレジット ED MOVIE

■タイアップ情報
TVアニメ「波よ聞いてくれ」
2020 年 4月 より MBS/TBS/BS-TBS“アニメイズム”枠、HBC/AT-X/BSS/SBS にて放送中
EDテーマ:遥海「Pride」
公式HP:https://namiyo-anime.com/
公式Twitter:@namiyo_official
(c)沙村広明・講談社/藻岩山ラジオ編成局
原作:沙村広明
アニメーション制作:サンライズ

■ZIP-FM遥海レギュラー番組「Midnight Getaway」
毎週月曜日深夜1:00~1:30放送中
https://zip-fm.co.jp/program/Midnight_Getaway/


遥海
オフィシャルサイト
Twitter
instagram

遥海の声に帯びる普遍的な強さ。メジャーデビューシングル「Pride」はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着