サンボマスター「花束」CMソングとして話題となった歌詞が泣ける!

サンボマスター「花束」CMソングとして話題となった歌詞が泣ける!

サンボマスター「花束」CMソングとし
て話題となった歌詞が泣ける!

贈り物の定番といえば?
みなさんは「贈り物」というと何をイメージしますか?
お菓子や雑貨など様々なものが思い浮かぶかと思いますが、その中でも定番といえば「花束」ですよね。
送別会や入学式、誕生日や結婚式など様々なシーンで贈られますが、どのシーンにも共通しているのが「おめでたい日」や「記念日」であること。
つまり花束はたくさんの喜びや嬉しさ、ワクワクが詰まったものなんです!
そんな花束をテーマにした楽曲をリリースしたのが、3人組ロックバンドの『サンボマスター』。
ニューシングル『花束』はドリンク剤のCMソングとしても注目を集めています。
早速、歌詞をチェックしてみましょう。
花束 歌詞 「サンボマスター」
https://utaten.com/lyric/mi20031133
花束って、贈る方もドキドキしたりワクワクしたりしますよね。
そんな心弾む様子が感じられる歌詞です。
花束を贈るときは花言葉の意味を考えて花を選ぶこともありますが、この楽曲ではそんなことは気にしないそう。
一体何故なんでしょう?
なんのお祝いなの?
単純に歌詞をたどっていっても、イマイチなんのお祝いなのかわかりませんよね。
そこで、下記の歌詞に注目してみましょう。
花束 歌詞 「サンボマスター」
https://utaten.com/lyric/mi20031133
上記と同じように、「これまでの自分から変わる」という意味合いの歌詞が数回出てきます。
これを元に考えると、この楽曲で歌われているのは新たな自分へと変わる門出の祝福。
つまり、「今までの自分から変わりたい!」という思いを応援する楽曲なのではないでしょうか?
それを裏付けるように、サビでは以下のような歌詞が続きます。
花束 歌詞 「サンボマスター」
https://utaten.com/lyric/mi20031133
「変わりたい」という思いに対して、「信じてるぜ!」というメッセージが素敵ですよね。
また、「いろんな色の花束」というのも重要なキーワード。
冒頭では花言葉にとらわれず花束を渡したいという思いが歌われていましたよね。
これはある意味では「他人の思いに縛られなくていい」「いろんな考え方がある」という、自由や可能性を表すメッセージなのではないでしょうか?
単純にカラフルな花束も貰ったら嬉しいものですが、深い意味を考えるとさらにこの楽曲の意味が胸に染みますね。
「あなた」という存在こそが・・・!
歌詞を読み解いていくと、とても力強い応援ソングであることが分かりますが、より気分を盛り上げてくれるのが以下の部分です。
花束 歌詞 「サンボマスター」
https://utaten.com/lyric/mi20031133
一見、「どういうこと?」と思ってしまう歌詞ですが、考えてみると非常に深いんです。
冒頭でも述べましたが、花束とはたくさんの喜びや嬉しさ、ワクワクが詰まったもの。
つまり、そんな花束が「あなた」であるということは、「あなた」の存在そのものが喜びであるということ。
また、誰かにワクワクや喜びを与える存在である、ということ表しているのではないでしょうか?
それを踏まえた上で、さらに胸に響くのが続く歌詞。
花束 歌詞 「サンボマスター」
https://utaten.com/lyric/mi20031133
「あなたは花束のような存在である」とメッセージのあと聞いたら、「辛くても頑張ろう」と前を向きたくなるような歌詞ですよね。
毎日いいことばかりではないし、時に自分を否定したくなることもあると思います。
そんな時はぜひサンボマスターの『花束』を聞いて、前向きな気分になってくださいね!

TEXT ゆとりーな

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着