『パックマン』40周年記念コンピ・ア
ルバム発売決定! KEN ISHII、ポケモ
ンEDで話題のパソコン音楽クラブの楽
曲を先行配信開始

世界的な熱狂を巻き起こしたゲーム『パックマン』生誕から40周年を迎えた今年、ファッション、フィギュア、音楽など様々な楽しいコラボレーションが展開されている。
昨年、世界的テクノ・アーティスト/DJであるKEN ISHII(ケンイシイ)が作曲した“パックマン40周年テーマ曲”が公開され話題を呼んだが、KEN ISHIIほか、様々なシーンからアーティストが集結した“『パックマン』40周年記念コンピレーション・アルバム”『JOIN THE PAC -PAC-MAN 40th ANNIVERSARY ALBUM -』が今秋リリースされることが決定した。
KEN ISHII(ケンイシイ)
参加アーティストは、以下の通り。
テレビアニメ「ポケットモンスター」新シリーズのEDテーマを担当して一躍話題となった若き音楽ユニット、パソコン音楽クラブ。
パソコン音楽クラブ
ワールドワイドな活動を続けるオルタナティヴ・ロックの最高峰バンド、Buffalo Daughter(バッファロー・ドーター)。
Buffalo Daughter(バッファロー・ドーター)
サウンドクリエイター、シンガーソングライターとしてCM・映画・TV音楽など多方面で才能を発揮する中塚武
中塚武
ボーカロイドシーンで大きな人気のサウンドプロデューサーで、自他ともに認めるゲーマー、sasakure.UK(ササクレ・ユーケイ)。
sasakure.UK(ササクレ・ユーケイ)
中国北京出身のクリエイターであるSaku(静電場朔)をシンガーにトラックメイカーのA-bee(アービー)とCMやアニメ、アーティストへの楽曲提供を行なうimmi(イミー)の3人が集結した音楽ユニット、DiAN(ディアン)
DiAN(ディアン)
など、多彩な顔ぶれが参加する。誰もが一度は聴いたことがあるパックマンの印象的なオリジナルのゲーム音源を素材として、それぞれに制作された新曲が多数収録される予定。
マスタリングは1991年から1999年まで電気グルーヴのメンバーとして活躍し、現在ではアーティストとしてだけではなく、エンジニアとしての手腕も高い評価を得ている砂原良徳が担当する。
なお、本日5月22日(金)、このアルバムから、KEN ISHIIとパソコン音楽クラブの楽曲3曲が各主要音楽配信サイトで先行配信をスタート、パックマンオフィシャルWebサイトでは、この2組の対談インタビューが公開されているので、あわせて読みたい。
音楽配信とCDのジャケットデザインは、Warp Records、Aphex Twinをはじめとするアートワーク作品で知られ、その強烈なヴィジュアル表現で90年代以降、世界中にフォロワーを生み出したイギリス、シェフィールドを拠点に活動する、The Designers Republicが担当する。
秋の40周年記念コンピレーション・アルバムのリリースに向け、今後も先行配信リリースが予定されているとのことなので追加情報を待ちたい。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着