『電電博覧会〜歌は電波にのって〜』

『電電博覧会〜歌は電波にのって〜』

松川ケイスケと真一ジェット
(from LACCO TOWER)、
チケット制ライブ配信の開催を発表

LACCO TOWERの松川ケイスケ(Vo)と真一ジェット(Key)が、6月6日(土)にリアルタイム遠隔ライブ配信『電電博覧会〜歌は電波にのって〜』を開催することを発表した。

LACCO TOWERがステイホーム企画として行っている「#おうちIROCKS」にて、中田裕二「薄紅」、片平里菜「女の子は泣かない」、ラックライフ「名前を呼ぶよ」等のカバーをそれぞれの自宅を繋いで収録した映像をインスタグラムやTwitter等にて配信をし、好評を得ていたふたり。そんなふたりが、“リモートライブ”という新たな形に挑戦。電子チケット販売プラットフォームZAIKOを使ってのチケット制ライブ配信となっている。ボリューム的にも普段のライブと同規模で、“ライブ感”を楽しんでいただける内容になる予定とのこと。

また、ライブDVD鑑賞会など、5月初旬から開催してきた彼らによるYouTube生配信『おウチで楽しもう企画』の一環で、今回初めて「ZAIKO」を使用する方に向けて、5月29日(金)に『チケット購入案内会は電波に乗せて~悦楽切符は電波の上で~』を開催し、ZAIKOのシステム(チケットの購入方法など)をメンバー5人が、丁寧に解説する。

今後行われる彼らのチケット制デジタル生配信『再燃〜ライブハウスと電波にのって編〜』もZAIKOを使ったライブ配信となる予定とのこと、新たなる形式でのライブ体験を楽しみにしよう。

各番組の詳細

■『松川ケイスケと真一ジェット「電電博覧会~歌は電波にのって~」』
日時:6月6日(土)19:00開始予定
出演:松川ケイスケと真一ジェット ※各自宅からリアルタイム遠隔ライブにて参加
形式:チケット制ライブ配信
チケット価格:¥1,000(税込)
※電子チケット販売プラットフォーム「ZAIKO」にて5月29日(金)12:00発売開始
https://laccotower.zaiko.io/e/denhaku
※ライブ同日17:00より、先行物販としてLACCO TOWER WEB SHOPにて『電電博覧会〜歌は電波にのって〜』グッズを発売
https://laccotower.stores.jp/

■『チケット購入案内会は電波に乗せて~悦楽切符は電波の上で~』
日時:5月29日(金)20:00開始予定
出演:LACCO TOWER ※全メンバー自宅からの参加
参加条件:どなたでもご参加いただけます
配信YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/siesta723

■『チケット制デジタル生配信「再燃〜ライブハウスと電波にのって編〜」』
※新型コロナウイルスの影響でイベントの延期や中止が続出している中、我々アーティストだけがオンライン配信をしても意味がないと考え、本企画は「ライブハウスとの共同開催」という座組みで行います。
6月20日(土) 愛知・名古屋APOLLO BASE「遥かなる再燃」
7月05日(日) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX「再燃はいつも変現自在」
7月23日(木・祝) 東京恵比寿LIQUIDROOM「非幸福論者の再燃」
8月02日(日) 群馬・高崎clubFLEEZ「再燃させて若葉ノ頃へ」
8月23日(日) 大阪・Music Club JANUS「心臓文庫は再燃の果てに」
『電電博覧会〜歌は電波にのって〜』
松川ケイスケと真一ジェット(from LACCO TOWER)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着