東京の片隅からLowCulTokyoが刻んで
いく軌跡

仲間とカルチャーを築いていく

文化は一朝一夕にしてならず。積み重ねてきた日々にこそ心は宿り、振り返ったときに道ができていたと気づくものだ。東京の片隅で活動するLowCulTokyoもまた、そんな道を作っていこうとする集団なのだろう。

LowCulTokyoは、LowCulture × Local cultureをコンセプトに活動しているアートコレクティブだ。音楽だけにとどまらず、映像やイベント主催、ファッションにフードの展開など、カルチャーを築くものと多角的に関わっている。
彼らの音楽の魅力は、クリエイティブならではの多彩な楽曲展開だ。IKEが時流を組んだフロウをかましたかと思えば、KIYOはライムを意識したリリックで刺す。それぞれの強みを活かし、相乗効果を起こしていくチームこそLowCulTokyoなのである。

先日配信が開始された『Yella Step』は、現場限定作品として2018年にリリースされたもの。フロウが冴えわたる王道ヒップホップからチルな気分に浸れるメロウなナンバーまで網羅した1枚だ。

こんなアーティストが好きな人におすす

踊Foot Works・Soulflex・maco marets・流線Kグルーヴ

LowCulTokyo アーティストページ|BIG UP!

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着