あいみょんの「裸の心」は悩み多き女の子への静かな応援ソング!

あいみょんの「裸の心」は悩み多き女の子への静かな応援ソング!

あいみょんの「裸の心」は悩み多き女
の子への静かな応援ソング!

恋の苦しみから始まる「裸の心」
あいみょんの10枚目のシングル『裸の心』は、多部未華子主演のドラマ『私の家政夫ナギサさん』の主題歌です。
実は、この曲はドラマのために書き下ろされた曲ではなく、あいみょんが2017年に既に作っていた曲。
200曲ものストックを持つと言われるあいみょんの才能をうかがわせるエピソードですよね。さっそく歌詞の内容を見ていきましょう。
裸の心 歌詞 「あいみょん」
https://utaten.com/lyric/ma20051211
失恋してから、次の彼氏ができるまでの苦しい状況を思わせる冒頭です。
一人の時期が長くなると、彼氏のいる友人を羨んだり、恋人ができない自分はダメな人間じゃないかと自己嫌悪に陥ったりしてしまいますよね。
裸の心 歌詞 「あいみょん」
https://utaten.com/lyric/ma20051211
誰かを好きになった時“今度こそ自分にぴったりの人だ”と思っても、付き合っていくうちにお互いの違いを感じて別れてしまうケースは多々あるでしょう。
それで何度も傷ついてきたのに“いつかきっと運命の人に出会えるはず”と言い聞かせてまた恋をしている自分がいる。
こんな考えを頭に巡らせながら、眠れぬ夜を過ごした経験がある女性は多いのではないでしょうか。
苦しみを乗り越えて強くなる心
裸の心 歌詞 「あいみょん」
https://utaten.com/lyric/ma20051211
苦しみから始まったこの曲は、次に希望へと向かっていきます。
「愛しの思い出」とは、過去の恋愛の思い出ですよね。
そして「夢見がちな憧れ」とは、若い女の子なら誰しもが持つ”理想の恋”への憧れでしょう。
その二つに「バイバイ」すること、それは、過去ばかり見るのはやめて前を向くという意味ではないでしょうか。
裸の心 歌詞 「あいみょん」
https://utaten.com/lyric/ma20051211
過去にしがみつく事をやめた時、人は初めて前へと進み出します。
そしてその苦しみがあったからこそ以前より優しく強くなれる。
それが大人になるということですよね。
「裸の心」とはどんな心?
裸の心 歌詞 「あいみょん」
https://utaten.com/lyric/ma20051211
いくつもの恋愛の結末を受け止めるうちに、心を覆っていたプライドというバリアも壊され「裸」になってしまった心。
そのむき出しになってしまった「裸の心」こそ「ありのままの自分」なのではないでしょうか。
裸の心 歌詞 「あいみょん」
https://utaten.com/lyric/ma20051211
敏感な「裸の心」は、やはり次の恋を恐れてしまいます。
しかし、本当に自分を愛してくれる人とは、良い面と悪い面の両方を含めた自分の全てを受けとめてくれる人ですよね。
飾らない「裸の心」で想いを伝えればきっと受け止めてくれるよと、あいみょんは伝えようとしているのかも知れません。
裸の心 歌詞 「あいみょん」
https://utaten.com/lyric/ma20051211
『裸の心』は、あいみょん自身が自宅で撮影した映像を使用したshort movieも話題になっています。
このMVの中でネイルを塗ったりメイクをしたりしているあいみょん。
ゆったりとした曲調の『裸の心』は、そんな日常生活の中で何気なく口ずさめる曲ですよね。
そして「この恋が実りますように」と何度も口ずさむうちに、恋に悩む女の子たちをそっと勇気付けてくれる曲ではないでしょうか。
▲あいみょん – 裸の心 【short movie】
進化が止まらないあいみょんの音楽
『裸の心』の歌詞には、若者から大人へと成長しつつあるあいみょん自身の姿が投影されているような気がします。
あいみょんが同世代から支持される理由は、彼女が自分たちと同じように悩み、成長している姿を楽曲の中に見い出せるからでしょう。
そして、そのシンプルでストレートな言葉は、若者だけでなく大人の心にも響くのではないでしょうか。
『裸の心』の、どこか昭和のフォークソングの雰囲気漂う曲調や、骨太な歌声に心を掴まれる大人も多いような気がします。
また『君はロックを聴かない』の「誇りまみれドーナツ盤には あの日の夢が踊る」という歌詞には、アナログレコード世代の人々はグッとくるでしょう。
【歌詞コラム】ロックを聴かない君に知って欲しかったこととは?あいみょんの『君はロックを聴かない』を解説!
https://utaten.com/specialArticle/index/2909
その感性は、音響のお仕事をしているお父さんや、歌手を目指していたというおばあさんの影響かも知れません。
日本の歌謡曲やフォークソングの遺伝子を受け継ぐ若いあいみょん。
この先どんなアーティストに進化して行くのか目が離せませんね。

TEXT 岡倉綾子

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着