indigo la End「チューリップ」花言葉で残り香を彩るラブソング

indigo la End「チューリップ」花言葉で残り香を彩るラブソング

indigo la End「チューリップ」花言
葉で残り香を彩るラブソング

黄色いチューリップに香る別れ

indigo la Endが2020年2月に配信リリースした『チューリップ』。
この曲は、胸を締め付けるような切ない恋心を綴ったラブソングです。
ジャケットは、赤いチューリップと白いチューリップを手にした女性の憂いを帯びた表情が印象的です。
実は、チューリップにはその色によって異なる花言葉が存在するのです。
複雑に絡み合う感情を歌った『チューリップ』という曲は、その花言葉をモチーフに作られた一曲です。
川谷絵音がこの曲の歌詞に込めた意味を、チューリップの花言葉に絡めて紐解いていきます。

チューリップ 歌詞 「indigo la End」
https://utaten.com/lyric/tt20041301
あなたの色に染まり切った、つまりあなたのことを愛して止まない私。
そんな私が、あなたの心が私にはないことに気が付いた瞬間を描いています。
終わると分かっていても、今更色を変えることはできないということでしょう。
チューリップ 歌詞 「indigo la End」
https://utaten.com/lyric/tt20041301
黄色いチューリップの花言葉である「望みのない恋」と、赤いチューリップの花言葉である「愛の告白」。ここでは、あなたが黄色いチューリップで私が赤いチューリップなのかもしれません。
赤は何色を混ぜても黄色にはならない事実が、抗えない別れを感じさせます。
失われた恋に残る記憶は何色?
チューリップ 歌詞 「indigo la End」
https://utaten.com/lyric/tt20041301
「さよならがもうどうにもならない」つまり、どうやってもあなたの気持ちをつなぎ止めておくことができないのなら、いっそ冷たくして欲しい。
サビのフレーズからは、そんな感情が感じられます。
冷たくして欲しい、というのはきっと現実にいるあなたというよりも、思い出の中のあなたに伝えているのかもしれません。
あなたとの思い出があまりにも温かくて「一縷の光」に感じてしまう。
そんな縋るような恋心とも取ることができます。
チューリップ 歌詞 「indigo la End」
https://utaten.com/lyric/tt20041301
あなたに縋りたくて、壊れ切った私に手を差し伸べる優しさではなく、手を差し伸べない優しさを選んだあなた。
以前のように愛し合えないと分かっているならば、単純に手を差し伸べることはいっそ残酷な行為になってしまうでしょう。

チューリップ 歌詞 「indigo la End」
https://utaten.com/lyric/tt20041301
白いチューリップの花言葉は「失われた愛」。
失われた愛だと分かっているからこそ、思い出の中のあなたに思いを馳せてしまうのかもしれません。
「完璧な恋人」の最後を描く
チューリップ 歌詞 「indigo la End」
https://utaten.com/lyric/tt20041301
一つの夜だったあなたと私が、一つずつになってしまったけれど、残り香のようにあなたの思い出が私を満たしている。
思い出と香りは、なかなか消えてくれないという意味で似ているのかもしれません。

チューリップ 歌詞 「indigo la End」
https://utaten.com/lyric/tt20041301
赤いチューリップから白いチューリップになった恋。
「失われた恋」を飲み込んで、私は何色にもなれる白色になったのではないでしょうか?
赤いチューリップの花言葉は「愛の告白」。黄色いチューリップの花言葉は「望みのない恋」。白いチューリップの花言葉は「失われた愛」。
そして、花言葉は日本語と英語で違った意味を持つものもあるのです。
英語ではチューリップの花言葉は、「perfect lover(完璧な恋人)」という意味になります。
あなたを思いながらも、あなたが望む色に染まる。
最後まであなたの「完璧な恋人」であろうとする思いも含まれているのかもしれません。
『チューリップ』という曲は、花で彩られる女性的な雰囲気や散りゆく恋への焦燥を感じさせる一曲です。
花言葉に準じて歌詞を読み解いてみると、普段は気付けない新たな世界と出会えるかもしれませんよ。

TEXT DĀ

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着