人肌を感じる音楽を

ミュージシャンにも様々なタイプの人がいる。音楽を道具とする人、手段とする人、文化とする人。もちろん複数の概念を兼ねている人もいるが、NAOKYはおそらく表現の人だろう。生きているとたまに出会う、開放しないと死んでしまうようなタイプだと思うのだ。

彼は、1991年生まれのシンガーソングライター。それと同時に、ダンサーや役者としての顔も合わせ持つ表現者だ。音楽への愛があることはもちろん、踊ったり歌ったり演じたりすることで、自分のなかでは収まりきらないエモーショナルを発散している。
だからなのか、NAOKYの音楽はとても感情的だ。どの作品をとっても、わずか数分のなかに気持ちの抑揚がギュッと濃縮されて詰めこまれている。知らず知らずの引き寄せられてしまう、人肌を感じる音楽こそ彼の魅力なのではないだろうか。

先日配信が開始された「スーツケース」は、もどかしく感じる日々に愛しさを見いだせるようになるナンバー。ゴスペルを彷彿させるコーラスの重なりも美しく、NAOKYのポテンシャルを感じることのできる1曲に仕上がっている。

こんなアーティストが好きな人におすす

NAOKY アーティストページ|BIG UP!

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着