AI、20周年アニバーサリー・ミニアル
バム・シリーズ第一弾を7月にリリー
ス とんだ林蘭が手がけた最新ビジュ
アルも公開に

AIの20周年アニバーサリー・ミニアルバム・シリーズ第一弾『IT’ S ALL ME – Vol.1』が7月8日に発売することが決定した。
『IT’ S ALL ME - Vol.1』 は、自分自身のすべてをまとめあげたミニアルバム・シリーズの第一弾。タイトル『IT’ S ALL ME』についてAIは、「今までも自分の音楽の好みがいろんなものがあって、ヒップホップからバラード、暗い曲から明るい曲まで、、と言った感じで色々あっていつも一つじゃないんですよね。自分の格好も性格もそうですが静かにしてる時もあれば、ずっと喋ってる時もある、怒ってるのも、笑ってるのも私。そう思ってるひとも世の中に沢山いると思います。そして自分じゃない何かを作られてでも本当の自分を出したいって人も沢山いると思います。皆さんが本当の自分を出せてないのがほとんどだと思いますが、そんな時でもこのアルバムタイトルで本当の自分も愛して欲しいなーってメッセージも感じて欲しいと思います。それで “IT’ S ALL ME” (全て私?これも自分?w)ってタイトルにしました。みなさん本当の自分に自信を持ってください!自分が思ってるよりあなたは最高かもw」とタイトルに込められた想いを語っている。
『IT’ S ALL ME』の最新ビジュアルは、AIからのラブコールに応えるかたちで、アート・ディレクターにとんだ林蘭を迎え、同作のタイトル通りAIのありのままの姿を表現しており、とんだ林蘭も「凛とした強さ、優しさ、母性…そんなAIさんのお人柄が自然に滲み出たアートワークになりました。」と語っている。
AI『IT’S ALL ME – Vol.1』
さらに、収録曲はタイアップ曲や話題の海外アーティストをフィーチャリングに迎えた楽曲を6曲収録。初回限定盤にはそれら楽曲のMVに加え、自宅でのセルフ撮影によるスペシャル・メッセージとアカペラメドレー(ギフト/ハピネス/Story)が収録されている。そして、盟友・Chocomooがイラストを手掛けた最新曲「ギフト」(TBS『王様のブランチ』テーマソング)のリリックビデオも収められているとのこと。
AI コメント
【IT’ S ALL ME について】
今回のアルバムタイトルは IT’ S ALL ME というタイトルにしましたが、どーいう意味かというと、今までも自分の音楽の好みがいろんなものがあって、ヒップホップからバラード、暗い曲から明るい曲まで、、と言った感じで色々あっていつも一つじゃないんですよね。自分の格好も性格もそうですが静かにしてる時もあれば、ずっと喋ってる時もある、怒ってるのも、笑ってるのも私。そう思ってるひとも世の中に沢山いると思います。そして自分じゃない何かを作られてでも本当の自分を出したいって人も沢山いると思います。皆さんが本当の自分を出せてないのがほとんどだと思いますが、そんな時でもこのアルバムタイトルで本当の自分も愛して欲しいなーってメッセージも感じて欲しいと思います。それで “IT’ S ALL ME” (全て私?これも自分?w)ってタイトルにしました。みなさん本当の自分に自信を持ってください!自分が思ってるよりあなたは最高かもw
【とんだ林蘭について】
今回のジャケットは今までとちょっと違う、でも自分らしさがどこかにある感じにしたく、国内外複数のデザイナーさんのワークスを色々と見ましたがその中でもとんだ林さんのワークスになんだかすごく惹かれましてこちらからラブコールをしましておっけいいただけまして、、もう最高に嬉しかったです!彼女と会った時にもう絶対いい感じになるって思いました!この人にもう任せようとw そしてやっぱり素晴らしい作品ができました!!!!本当に感謝です!!!
※20周年記念ミニアルバム『IT’ S ALL ME』の第1弾、第2弾、および、新曲「ギフト」のジャケットのアートワークを担当
【Chocomooについて】
Chocomooちゃんとは2011年?のライブのリハーサルをやってた時にLAのスタジオで初めて紹介して頂きまして、そこから彼女の絵、イラスト、メッセージ、そして人柄に知れば知るほど好きになっていきました。フリースタイルでもどんどん迷いなく書いていく、彼女の心の中が現れてる感じがしますね。そんな彼女に惹かれましてライブ映像や、物販、ジャケ写やらのデザインなど色々と一緒に仕事してきてプライベートでも仲良くしてますがそんな中、今回のコロナの時期にギフトが流れ出すことになって、私が伝えたいメッセージ、Chocomooなら伝えてくれる絶対いいものになるっていつも思える人。だから今回ギフトでもやっていただけて本当にありがたかったし、おかげで素晴らしいリリックビデオができました!!感謝!!

とんだ林蘭 コメント
初めてAIさんとお会いする日、まだ正式にご一緒することが決まっていなかったのもあり緊張していたのですが、AIさんが現れた瞬間、不思議と気持ちが柔らかくなってリラックスしてしまいました。想像していた通りのとても魅力的な方で、その日の帰り道はホクホクした気持ちだったのを覚えています。もう会えただけで幸せ、と思ってしまうくらいの素敵さでしたが、改めてご一緒させていただけることが決まった時は本当に嬉しかったです。凛とした強さ、優しさ、母性…そんなAIさんのお人柄が自然に滲み出たアートワークになりました。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着