《寄席鍋!》二十九杯目は、杜の都よ
り「茶の湯」 by 走励家メロス(東北
大学落語研究部)

ちょこっと一息いれて鍋でもつつきませんか。《寄席鍋!》という名の、笑いの鍋を。具材は、全国の「落研」(おちけん)で活躍する大学生たちによる、ひとくちサイズの落語です。今回は杜の都・仙台より友を救うために馳せ参じてくれたメロスさんの一席。Stay Home! Stay Foolish!
第二十九回 「茶の湯」 by 走励家メロス(東北大学落語研究部)
お初にお目にかかります!私、東北大学落語研究部4年生の、走励家メロスと申します。関東落研連合さんにお声を掛けていただき、恐らく私が東北地方の落研を代表する形で、今回参加させていただきます。貴重な機会を本当にありがとうございます。
私がこうして関東の落研さんと関わりを持てるようになったのも、元はといえば全日本学生落語選手権「策伝大賞」への出場でした。「都会の落研はどれだけ恐ろしいのか。やっぱ石とか投げられるんだろうか」、田舎者が未知の恐怖に怯えながら出てきたあの日のことは今でも忘れません。勿論関東の落研さんは優しい方々ばかりでした。
さて、噺の方はと申しますと、「茶の湯」という一席でございます。本来30分程ありますこの落語、今回は前半部分のみを、4分半にまとめてお送り致します。江戸を離れ、閑静な田舎での暮らしを始めたご隠居さんと、小僧の定吉。風流人に憧れ、茶の湯を始めようとするのですが、やり方も何も知りません。しかし知ったかぶりをして茶の湯をやろうとするものですから、大変なことに……。
【動画】 「茶の湯」走励家メロス(東北大学落語研究部)
【走励家メロス プロフィール】
はしれやめろす。宮城県出身。 東北大学4年生。東北大学落語研究部所属。 同落語研究部よりは6年ぶりとなる、全日本学生落語選手権「策伝大賞」(第16・17回)へ出場。落語家の4代目三遊亭圓歌師匠、芸人の南海キャンディーズ山ちゃんが大好き。趣味は、ロックバンド・アイドルを聴くこと、ギターを弾くこと、ランニングすること、写真を撮ることなど。お金が無いこと。

●プロデュース:SPICE、関東落研連合
●プロデューサー:安藤光夫(SPICE)/関東落研連合(星葉亭二名・金香亭三色・富士見亭りこ一)
●オリジナル出囃子音源作曲:Musica Veronica
●協力:キンレイ心染プロジェクト

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着