音楽で誕生日をお祝い!バースデーソ
ングの定番・人気曲10選

誕生日をテーマにしたバースデーソング
を集めました!

バースデーソングを大切な人の誕生日に贈ってみませんか?
今回は家族や友人の誕生日会のBGMとして流したり、大切な人へ贈ったり、誕生日に思わず聴きたくなるバースデーソングを集めました。定番曲から隠れた名曲までバースデーソング10曲を紹介します。今年の誕生日はバースデーソングで大切な人の誕生日をお祝いしましょう!

「HAPPY HAPPY BIRTHDAY」/DREAMS CO
ME TRUE

DREAMS COME TRUE(ドリカム)のバースデーソングといえばこの曲。手拍子とタップが誕生日のお祝いムードを醸し出しています。その陽気なリズムに合わせて「午前0時を過ぎたら イチバンに届けよう HAPPY BIRTHDAY」と歌われる歌詞はまさに誕生日を迎える誰かを祝うにはもってこい。曲自体も1分少々と短いため、お祝いの場をスマートに演出してくれることでしょう。ぜひ、誕生日会の場で歌をプレゼントするのも良いかも知れませんね。

「涙サプライズ」/AKB48

国民的アイドルグループのAKB48が2009年にリリースした「涙サプライズ」も王道のバースデーソングとして親しまれています。この曲はちょっと捻りが加えられた「誕生日会を開くまでの過程」が歌詞になっていることがポイント。クラスメイトが誕生日を迎えた誰かをサプライズで祝うというドキドキワクワクの展開とサビを迎えると一気に訪れる高揚感が魅力の楽曲です。

「HAPPY」/BUMP OF CHICKEN

これまで紹介してきた曲とはちょっぴり趣向の異なる楽曲を紹介します。それがBUMP OF CHICKEN版のバースデーソングとも言える「HAPPY」です。それぞれの祝祭行事とも言える誕生日は誰にとっても晴れ晴れしいイベントのひとつであり、それに伴いバースデーソングは明るい曲調のものが多いですが、こちらの曲は落ち着いたトーンで繰り広げられています。祝うという明るい感じはなく、生きていれば経験する憂いや喜びなどを乗り越えてきた人へ向けられたメッセージが詰まっています。BUMP OF CHICKENから誕生日を迎えた君への労いのメッセージとも言えるでしょう。

「GIFT」/Mr.Children

Mr.Childrenの楽曲からも一曲。「GIFT」は、NHK 北京オリンピック・パラリンピックのテーマソングのために書き下ろされました。誕生日に関する直接的な言及はされていないですが、バースデーソングとして親しまれている楽曲でもあります。自分にとって最も価値のある贈り物って何だろうと考えさせられますね。大切な人の誕生日をこの曲で彩るのもありではないでしょうか。

「Happy Birthday to you you」/ YUI

YUIの2ndアルバム『CAN’T BUY MY LOVE』の収録曲で、シングルカットされてはいないもののバースデーソングのランキングでは上位に入るほど認知されている楽曲です。ノリノリのロックチューンで、ライブではYUI本人が名付けたハッピーダンスと呼ばれる振り付けを観客と一緒に踊るという光景も見ることができます。歌詞のほとんどが「Happy Birthday to you you」の繰り返しで、口ずさむように歌えるのもポイント。誕生日で歌ったらかなり盛り上がれそう。

音楽で誕生日をお祝い!バースデーソングの定番・人気曲10選はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着