吉川晃司、主演ドラマ『探偵・由利麟
太郎』のメイン&エンディングテーマ
を自ら書き下ろし 配信限定シングル
としてリリースへ

吉川晃司の新曲「Brave Arrow」と「焚き火」が6月16日(火)より配信限定シングルとしてリリースされることがわかった。
「Brave Arrow」は、6月16日(火)よりスタートするドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系)のメインテーマ曲。「焚き火」は、同番組のエンディングテーマだ。いずれもドラマのために書き下ろされた新曲で、“都会という荒野を彷徨うカウボーイ”という、役を演じる上でも吉川が大切にしている「由利麟太郎」のイメージを意識して制作されたという。
(c)カンテレ
「Brave Arrow」は、サスペンス調のインスト楽曲でドラマのホラー/ミステリー感を表現。エンディングテーマ「焚き火」は、カントリー&ウエスタン調の楽曲で、由利の孤高感を表現しているとのこと。また、「焚き火」の歌詞は2行ぶんで、ほぼ全編がスキャットで歌唱するという、吉川にとっても初めての試みとなる。さらに、楽曲タイトルや歌詞には「矢=Arrow」が、由利を象徴するキーワードとして使われている。
楽曲についての吉川のコメントは以下のとおり。
吉川晃司
――ドラマの楽曲を作る上で心がけたことは?
あくまでもドラマに合った曲をという意識で制作にのぞみました。映像作品にプラスの要素をもたらす楽曲でなければ、本末転倒ですから。そこに吉川晃司のイメージは必要ない。あくまでもイメージしていたのは由利麟太郎。ドラマを制作されている方がイメージしている理想の曲の延長線上で、できることならばよりパワーアップできるようにと務めました。
――「Brave Arrow」と「焚き火」はどんな流れで制作が進行したのでしょうか?
脚本家の方も含めて制作チームと話している時に出てきたイメージがカントリー&ウエスタンでした。そのイメージに沿って、「焚き火」を作り、おおよそ完成してから「焚き火」を展開して広げていって、「Brave Arrow」を作りました。「焚き火」は都会という荒野をさまようカウボーイのイメージです。日が暮れてきて火を焚いて、獲ってきた獲物を火で焼きながら、ウイスキーで体を温めているという。由利麟太郎自身がどこか都会をさまよっているというイメージがあったので、こういう歌になりました。
――歌詞はわずか2行で、“空に放つ矢のように”というフレーズは「Brave Arrow」とも繋がりがあります。歌詞についてはどのように考えていたのですか?
当初からスキャットでいきたい、歌詞はほとんどいらないなと思っていたんですよ。作詞家の松井五郎さんにも「ほぼスキャットでいきたい」という矛盾したお願いをしました。松井さんが用意してくださった中で使ったのは2行だけだったんですが、2行ですべてを言い尽くしていると感じました。スキャットは自分のスタジオでデモテープを録った時にラフに歌ったままのものなんです。スタジオできっちり歌ったら、あの雰囲気は出せませんから。イメージとしては由利麟太郎が歌っている感じです。
「Brave Arrow」(番組メインテーマ)、「焚き火」(番組エンディングテーマ)は、ドラマ『探偵・由利麟太郎』初回放送日に合わせ、6月16日(火)に配信限定シングルとしてリリースされる。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着