両面の感情を宿すからこそ

同じような境遇に生まれ育ってきたからこそ、分かち合える感覚というのはおおいに存在する。デートスポットがイオン、生まれたときから受験戦争、早く結婚することが正義。ただの文字列に過ぎないはずの表現が、ときどき抜群の共感性を発揮する。岡山県発のzooもまた、一部に異常なシンパシーを感じさせるバンドだ。

彼女らは、2015年に結成された3ピース。シンプルかつパワフルなギターサウンドをエモーショナルな歌と共に鳴り響かせている。
zooの魅力は、なんといっても一聴すると耳に残る、心をそのまま削ぎ落したような荒々しさの残る歌声だ。透き通るほどの真っ直ぐさを保ちながらも、その声色には迷いや葛藤、苛立ちなど、とげとげしい感情が滲む。ただ綺麗なだけじゃない、ただささくれだってるだけじゃない。両面の感情を宿しているからこそ、嘘っぽくない思いとして響くのである。

先日配信が開始された『フラットな街』は、2017年にリリースされた作品。大人になりきれない藍い時代を濃縮されており、時が経っても瑞々しい。夢への照準が鈍ってしまいそうになったら、ぜひ手を伸ばしてほしい1枚だ。

こんなアーティストが好きな人におすす

・Cody・Lee(李)・レイラ・Blumepopo・afloat storage

zoo アーティストページ|BIG UP!

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着