tricotって知ってる?変幻自在のビートに酔いしれる超絶実力派バンド

tricotって知ってる?変幻自在のビートに酔いしれる超絶実力派バンド

tricotって知ってる?変幻自在のビー
トに酔いしれる超絶実力派バンド

tricotは超絶実力派!世界を股にかける活躍とは

tricot(トリコ)というバンドをご存知でしょうか。
ボーカル・ギターの中嶋イッキュウは、川谷絵音などを擁するバラエティ色豊かなバンド「ジェニーハイ」にボーカルとして抜擢されました。
大人っぽく、エモーショナルな声質と歌唱力の高さが話題になりましたね。
そんな彼女が所属するtricotは、ギターのキダ モティフォ、ベースのヒロミ・ヒロヒロ、ドラムの吉田雄介を加えた4人編成のロックバンドです。
リズムを敢えて崩すようないわゆる変拍子のビートに先の読めないスリリングな展開を織り交ぜたそのサウンドは唯一無二。
演奏難易度の高い楽曲も軽々と弾きこなして見せるメンバーの実力も魅力の一つです。
特にサウンド面で注目したいのがキダ モティフォの奏でるギター。
2019年に電撃復活を遂げた、日本が誇る伝説のバンド「NUMBER GIRL」ギターの向井秀徳のサウンドに影響を受けたと語る彼女。
その鋭利さとふくよかさを両立させたような日本らしい音色の完成度は飛び抜けて抜群です。
また、ガツガツと刻むようなリズムギターから軽やかに飛び回るようなリードギターまでをカバーするスタイルの幅広さも彼女ならではのもの。
まさに変幻自在なプレイが常に楽曲の隅々まで行き届いています。
そして、ベースとドラムのリズム隊の安定感も忘れてはならない魅力の一つ。
繊細ながら大胆な強弱で聴き手を飽きさせない吉田雄介のドラムに、正確なリズム感で低音を載せるヒロミ・ヒロヒロのベースのタッグは、バンド全体が打ち出す独自のビートを牽引しています。
デビュー以来その存在感は音楽シーンの中でも一際光を放っており、バンド結成2、3年目にして多くの大型ロックフェスへの出演を経験。
さらにサウンド重視の楽曲構成ゆえの、グローバルな聴きやすさから海外でも多くのファンを獲得。
世界を股にかけてライブツアーを行うほどの人気バンドへと成長しました。
変幻自在のビートに酔いしれる、オススメの3曲
確かな演奏力と唯一無二のサウンドでグローバルな人気を獲得しているtricotは2010年にバンドを結成して以来精力的に活動を続け、2020年現在まで4枚のアルバムを発表。
今回はそんなtricotのディスコグラフィに溢れる名曲の中から厳選したオススメの3曲を紹介します。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着