MUCC 最新アルバム『惡』が初のオリ
コンデイリーチャート1位獲得

MUCCの最新アルバム『惡』が、バンド初のオリコンデイリーチャート1位を獲得した。
6月10日(水)にリリースされた『惡』は、メンバー自身も「過去最高の出来」と公言していた。
結果2年間にわたる曲作り~レコーディングを経て完成した16曲収録の大ボリュームの作品だったのだが、1曲シークレットで「Terrace」という曲が収録されている。この曲は、もともと2018年6月9日、2年間に渡り各都道府県を巡った“収監ツアー”の第一弾『MUCC 2018 Lock on snipe Tour #1「北海道型収監6days」』小樽GOLDSTONE公演にて、ムックの日企画として配信されたニコ生の番組で「よく夢で見る“ライブの本番中に自分の知らない新曲が演奏される”という、バンドマンあるあるが現実に起こったらどうなるのか?」という、YUKKE発案でSATOちにドッキリをしかけた時の曲が「Terrace」だった。
曲は、YUKKEが配信前日に書き上げデモを他のメンバーに送り、当日ニコ生配信中にSATOちの目を盗み簡単な構成確認を行ったのみ。曲が始まり、背後にいるスタッフに動揺を隠せず「この曲は何ですか?」と質問するも、スタッフにも「だからテラス!」と言い切られ、動物的な感でアドリブのリズムパターンで楽曲についていき、アウトロまで見事に演奏しきったSATOちに、オーディエンスもニコ生の視聴者も爆笑の渦に。演奏をやり切ったSATOちの姿に、最後は謎の感動が生まれ、ドッキリは大成功。ファンの中では“小樽の奇跡”と呼ばれるようになった。
この日のライブ演奏とYUKKEのデモ音源はのちにシングル「時限爆弾」の初回限定盤と通常盤のボーナストラックとしてそれぞれ収録。封入のエムカードに期間限定でライブ映像も収録された。この日だけのネタで終わるはずだったがファンの人気も高く、その後、何度かライブで演奏されていた。
収監ツアーのファイナルとなった2020年2月24日『壊れたピアノとリビングデッド収監 Japan Tour GRAND FINAL~収監始まりの地で大団円~』小樽GOLD STONEにて、今まで1コーラス程度しか無かった同曲のフルバージョンを演奏。この時のアレンジを完成形として、サポートで参加していた吉田トオル(Key)がいる状態で音源を残したいと新たに録音したが、『惡』の世界観とは著しく異なるためシークレットトラックとして収録されたという。
発売まで公表されていなかっただけに、購入したファンには嬉しいプレゼントになっただろう。なお、サブスクリプションなどのデジタルサービスでは聴けないレア音源となっている。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着