NOAの新曲“TAXI feat. tofubeats”
配信 本日PV公開&生配信も

NOAの新曲“TAXI feat. tofubeats”が本日6月12日に配信リリースされる。
1月に1stシングル『LIGHTS UP』でデビューした20歳のシンガー・NOA。2012年に韓国の美容院でK-POPアーティストを担当しているヘアスタイリストにスカウトされ、オーディションに合格し、韓国で7年間練習生として生活していた経緯をもつ。2018年に日本に帰国し、同年アミューズと契約。
“TAXI feat. tofubeats”にはNOAが韓国にいた頃から憧れていたというtofubeatsが参加。日本に帰国した際にtofubeatsが出演するイベントへ行き、「いつか一緒に音楽を作りたい」との想いからInstagramに直接メッセージを送り、後日、街でtofubeatsを見かけて声を掛けたことをきっかけに親交を深めたとのこと。
同曲の作詞作曲はNOAが担当。ジャケットにはNOAが自粛期間中に自撮りした写真を使用している。
本日6月12日20:00に公開されるPVは、NOAとtofubeatsがそれぞれの自宅で撮影した映像と写真で構成。19:45からはNOAの公式YouTubeチャンネルで生配信を行なう。近況報告や新曲にまつわる話をするほか、視聴者からの質問にリアルタイムで答えるとのこと。

NOAのコメント

長い間温めていた曲「TAXI」のリリースが決まりました。そして今回なんと尊敬するアーティストの一人でもあり大好きなtofubeatsさんとのフィーチャリングが実現したことでかっこよく東京っぽさがミックスされた新しい「TAXI」が完成しました。ソウルに住んでいた頃に作った曲で、僕らの足として身近だったソウルタクシーに乗って、好きな女の子に「時間なんか忘れてどこにでも連れて行くから一緒にいよう」と告白する曲です。儘ならない時間の中にいる今だけど心はいつでもどこへでも行けるように僕が好きな二つの都市を気持ち良く走るような感覚を一緒に感じていただけたら嬉しいです。

tofubeatsのコメント

ノアくんと初めて会ったのは本当に東京の道端で、その時は日本でのデビューも決まっていない時でした。それが今やデビューして一緒に曲をやらせていただけるようなことになるなんて、そんな嬉しいことはありません。初めて会ったときなんだこのタダ者に見えない青年は!と思いましたが、きっと貴方もそう思うはず。是非チェックして。
提供:音楽
:CINRA.NET
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着