「シャ乱Q」の魅力に迫る!解散してもなお永遠に語り継がれる理由とは

「シャ乱Q」の魅力に迫る!解散してもなお永遠に語り継がれる理由とは

「シャ乱Q」の魅力に迫る!解散して
もなお永遠に語り継がれる理由とは

シャ乱Qが放つ永遠の魅力

シャ乱Qは「休憩」と称して、2000年に活動無期限休止を発表します。
2006年からまたファンの前に姿を見せるも、2015年にメンバーのつんく♂の病気によって再び活動を休止しました。
社会現象を巻き起こすほどのヒットを飛ばした彼らについて知れば知るほど、彼らの確かな才能と、バンドに対する真っ直ぐな姿勢が伝わってきます。
シャ乱Qのメンバープロフィール

大阪で結成されたロックバンド「シャ乱Q」は、ボーカルのつんく♂・ギターとベースのはたけ・ドラムのまとこ・キーボードのたいせいから構成されています。
ベーシストのしゅうは、1998年に脱退しました。
■つんく♂
ボーカルのつんく♂は、大阪府東大阪市出身、1968年10月29日生まれです。
アイドル「ハロープロジェクト」の総合プロデューサーとしても有名ですよね。「モーニング娘。」をはじめ、多くのヒットグループ、アイドル歌手を生み出し、日本のアイドル史に大きな功績を残しました。
2014年3月6日、喉頭癌を患っていたことを公表、手術に成功し一時は回復しました。
しかし翌年に再発してしまい、声帯を摘出したことを明らかにしています。
その後は、習得がとても難しい食道発声のトレーニングを重ね、今では少しずつ声が出せるようになっているようです。
■はたけ
はたけは1968年8月17日生まれで、シャ乱Qのリーダーです。
さまざまな音楽から影響を受けており、幅広いジャンルの歌手に楽曲提供も行っています。
他にも、アーティストのプロデュースやPVの企画・撮影を手掛けるなど、多彩な才能の持ち主です。
■まこと
まことは1968年12月31日生まれで、作詞家・タレントとしても活躍しています。
シャ乱Qのヒット曲の中には、まこと作詞の楽曲は多いです。
かつては人気音楽番組「堂本兄弟」で堂本ブラザーズバンドのメンバーをつとめ、テレビでもドラム演奏を披露し続けていました。
■たいせい
たいせいは1969年11月29日生まれで、作曲家や音楽ディレクターとしても活動しています。
主に、つんく♂が総合プロデュースをつとめるハロープロジェクトのアイドルたちに楽曲提供をしていたようです。
2006年に「たいせー」から現在の名前に改名しました。
シャ乱Qが結成からヒットに至るまで
画像引用元 (Amazon)
旧メンバーしゅうを含め、1988年、メンバーが近畿大学在学中に結成されました。
関西で活動するインディーズバンドたちを集めて大阪城公園で路上ライブをするなど、メジャーデビュー前から先陣を切って精力的に活動していたようです。
アマチュアバンドを募ってコンテストを開催する、当時の人気番組「BSヤングバトル」でグランプリを獲得したことをきっかけに、彼らは全国に注目されるようになります。
メジャーデビュー時には、いくつもの芸能事務所が彼らの争奪戦を繰り広げたほど、才能あふれる注目のバンドだったのです。
最終的には、株式会社アップフロントエージェンシーに所属が決まり、メジャーデビューします。しかし、その後ヒットに至るまでには時間がかかったそうです。
デビューから2年後の1994年、この曲がヒットしなければ終わりにしようとリリースした『上・京・物・語』が12万枚以上の売り上げを達成、同年に発表した『シングルベッド』はロングセラーの名曲となりました。
シャ乱Qの楽曲でおすすめの曲3選
シャ乱Qは、2001年4月4日、インターネット上のファン投票によって収録曲を決めたベストアルバム『BEST OF HISTORY』をリリースしました。
そのアルバムにも収録された、シャ乱Qを知る上では欠かせない3曲を、厳選して紹介します。
「シングルベッド」
▲シャ乱Q 『シングルベッド』
シングルベッド 歌詞 「シャ乱Q」
https://utaten.com/lyric/ja00002673
1994年10月21日に、6枚目のシングルとしてリリースされました。
作詞はつんく♂が、作曲ははたけが担当しています。
日本テレビの人気アニメ「D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜」のエンディングテーマにも起用され、その後も多くのドラマや映画に使用されている名曲です。
シャ乱Q史上初めてミリオンセラーとなったシングルでもあり、オリコンチャートの100位以内に54週も登場し続けました。
さらにこの楽曲は、21位枚目のシングルとしてセルフカバーされています。
結成25周年の2013年7月17日にリリースされました。
オリジナル版と違って、タイトルに「」が付けられ、原曲よりも半音下げられて収録されています。
「いいわけ」
▲シャ乱Q 『いいわけ』
いいわけ 歌詞 「シャ乱Q」
https://utaten.com/lyric/ja00002665
1996年4月24日に、10枚目のシングルとしてリリースされました。
作詞作曲はともにつんく♂が手掛けています。
人気ドラマ「Age,35 恋しくて」の主題歌にも起用され、メンバーも出演した映画「シャ乱Qの演歌の花道」では、歌手の尾藤イサオが演歌バージョンを披露しました。
ザテレビジョンドラマアカデミー賞では主題歌賞を受賞、さらに日本レコード大賞の最優秀作品賞と編曲賞の2つを受賞しています。
イントロのキメからサビの歌までが特に話題になり、日本人なら誰もが知ってる超有名フレーズとなりました。
カラオケランキングでも常に上位にランクインするなど、今もなおたくさんのファンに歌い継がれている1曲です。
「ズルい女」
▲シャ乱Q 『ズルい女』
ズルい女 歌詞 「シャ乱Q」
https://utaten.com/lyric/ja00002675
1995年5月3日にリリースされた7枚目のシングル曲です。
作詞作曲はどちらもつんく♂が担当しています。
フジテレビのバラエティ番組「今田耕司のシブヤ系うらりんご」のエンディングテーマにも起用されました。
『ズルい女』はmisono華原朋美など、著名な女性シンガーにもカバーされている楽曲です。
全日本有線放送大賞でグランプリを、日本有線大賞でポップス部門の有線音楽優秀賞と最多リクエスト歌手賞を、日本レコード大賞にて優秀作品賞と編曲賞を受賞しました。
紅白歌合戦に初めて出演したのも、この楽曲がきっかけです。
145万枚以上のミリオンヒットを記録し、その後も別バージョンがCM曲やバラエティ番組で使用されるなど、愛され続けています。
ホーンセクションの音色が目立つフレーズが印象的な1曲です。
Bメロで聴こえるクラリネットを、はたけが吹いていたことでも話題になりました。
輝き続けるシャ乱Qの音楽と才能に注目!

今後も語り継がれるであろう伝説のバンド「シャ乱Q」は、メンバー全員が最高の音楽家であり最高のパフォーマンスを見せてくれます。
だからこそ、変わりゆく音楽シーンの中でも、永遠の魅力を放っているのでしょう。
音楽好きならば「シャ乱Q」は絶対に知っておきたいバンドの1つ。
数々の名曲を生み出した「シャ乱Q」の音楽に、ぜひ、注目してください。

TEXT imahashimiwa

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着