L→R 阿部千樹(Dr)、日野遥希(Vo&Gu)、太田 旭(Ba)

L→R 阿部千樹(Dr)、日野遥希(Vo&Gu)、太田 旭(Ba)

【シロとクロ インタビュー】
手に取ってくれたあなたが
この手紙の宛先

曲作りの醍醐味は
ギャップを作ること

そんな中でリリースされる今作ですが、リード曲の「宛名のない、」は19年4月にリリースしたシングル「Diving」のその後を描いているそうで。

日野
「Diving」の制作時からすでに「宛名のない、」という曲もあったんです。ただ、その時は連作にしようとは思っていませんでしたね。自分で言うのはちょっと気持ち悪いのですが、この2曲は僕の恋愛観みたいのものを書いた曲で。「Diving」は好きな人と結ばれた時にそれ以外が何も見えなくなる盲目な気持ち、「宛名のない、」は好きな人と別れた時に感じるその人が全てだったという喪失感みたいなもの。で、今回のシングルでどの曲をリードにしようか考えていた時に「宛名のない、」なら前作からのストーリー性があっていいなと思ったんです。「Diving」から一転して悲しい結末ですけどね。MVも同じ監督にお願いして、「Diving」と同じロケーションを使ってもらってます。

今作は情熱をさわやかに歌い上げる「宛名のない、」、ダンサブルなロックナンバー「カタスミ」、バラード曲の「欲張り。」と3曲それぞれの異なる魅力が楽しめましたが、前作からの流れもありつつ、「宛名のない、」をリードに選んだ理由は他にもありますか?

日野
リード曲にはメロディーのパンチ力も必要ですが、僕はそれ以上に言葉の力が強いものが相応しいと思っていて、今回は「宛名のない、」がそれだったんです。恋愛ってとても素敵ですけど、人間が一番ダサい瞬間でもあると思っていて、恋愛のきれいで儚い部分から汚くて愚かな部分までうまく描写できた手応えがあります。Cメロの歌詞は特にそうだと思うので注目してみてほしいですね。他2曲に関しては音楽性の幅を見せたくて選びました。3曲並んだ時にまったく色の違う曲たちなので聴いてる方も楽しんでもらえると思います。

「宛名のない、」で歌っている気持ちは誰に向けたものなのか明確なのに、本人に伝えられない、行き場のない感情だけが残っている様子が切なく感じました。熱い想いとは裏腹に、曲調は軽やかで爽快な印象もあります。

日野
の曲作りの醍醐味ってギャップを作ることなんです。いい意味でリスナーの期待を裏切っていきたいし、面白いと思ってもらいたいので。今作では歌詞と曲調のギャップを作っていて、歌詞がかなり重い分、演奏や音はタイトにしました。リズムもクリックに対して少し前に乗っているので疾走感も出ているかなと。そうすると歌詞も耳に入ってくるだろうし、演奏のカッコ良さにも気づいてもらえるだろうという感じですね。

「カタスミ」の歌詞はアーティストとしての気持ちが綴られているように感じました。サウンドこそ攻撃的だけれど、この曲のもとになっているのは悔しい気持ちや何度も弱ってしまった気持ちで、それを奮い立たせているように思えます。

日野
先ほども話に出た、地元にいた頃に“音楽で飯を食う”と言ってる自分に対して周りからいろいろ言われたことがあり、その時の悔しかったり、むしゃくしゃしてた気持ちを思い出して書きました。歌詞では《君に歌うよ》と言ってますが自分に向けた言葉でもあるんです。心の中の自分に言っているというか。ただ聴いてくださる方がそれぞれ自分自身に置き換えて聴くことができる曲だと思います。

各々が自由にプレイしているように聴こえましたし、コーラスでライヴ感が出ているのもポイントだと思いますが、レコーディングしてみていかがでしたか?

日野
各々のスキルが今までで一番試される制作でした…もともと間奏のセクションにギターソロはなかったんですが、ギター録り直前にマネーシャーさんに“ここ、渋めなギターソロほしいね”と言われて30分くらいで作ったんです。アドリブ能力が問われました(笑)。最後のコーラス部分はレコーディング中から歌っていてすごいワクワクしましたし、ライヴで歌うとさらに良くなると思うので早くやりたいですね。

「欲張り。」で歌われているのは欲張りになってしまうくらいの素直な愛情だと思いましたが、何か素直に想いを綴れるようになったきっかけがあったのでしょうか?

日野
この曲は一見ラブソングにも聴こえるんですが、お客さんに対しての気持ちも込めた曲なんです。アーティストである以上お客さんに与える存在ではあると思うんですけど、僕はいつももらってばかりな気がしてて。それなのにもっともっと観に来てほしい、好きでいてほしいって感じてる自分はとても欲張りだと思って、その気持ちを書きました。素直に“みんないつもありがとう、こんな僕ですけどこれからも見ててください”って。

先ほど“各々のスキルが今までで一番試されるレコーディングだった”というお話もありましたが、今回の制作期間を振り返ってみていかがですか?

日野
今回はギター以外に裏のストリングス、ピアノ音も初めて自分で作ってみて、音の広げ方や埋め方、抜き方を少し学びました。とはいえ、まだまだ初歩レベルなので次回作以降もっとクオリティーを上げたものを作りたいですね。
太田
レコーディングした3曲はどれも違った色の曲たちなのでいろんな雰囲気のベースを作る楽しさを感じました。かなり難しかったですが(笑)。
阿部
一番ハマる音作りだったりバンドのグルーブを高めるための練習を今まで以上に詰めました。ドラムに関してだと全曲違うスネアを使ったり、ギターとベースはレコーディングが始まってからみんなで“やっぱりここはこうしよう”とか言い合ってフレーズを変えたり、アドリブ力の高いレコーディングになったと思います。今まではもっと全体的に固まった状態でやってたので、柔軟になったなと思いました。

シングル「宛名のない、」が完成してみての手応えは?

日野
手紙のような一枚になったと思います。“宛名のない、”というタイトルですが、手に取ってくれたあなたがこの手紙の宛先です。ぜひ聴いてほしい一枚ですね。
太田
今まで出してきたCDも好きなのですが、今回の「宛名のない、」は一番バラエティーが豊富でクオリティーが高い作品にできたように感じます。
阿部
僕もシロとクロ史上一番表情が豊かな作品になったと思ってます。疾走感のある切ない曲、躍動感のあるロックバンド色の強い曲、歌もの直球バラードと、聴き応えがあると思いますし、各々の演奏力も音の拘りもパワーアップした自信作です!

今後どんなバンドになりたいか目標はありますか?

日野
バンド結成当初からの目標である東京ドームでワンマンをするというのはこの音楽人生で絶対に叶えたいです。あと、近い将来で映画とかドラマの主題歌を書き下ろししてみたいですね。
太田
今後は子供の頃に好きだったバンドのように音楽番組に出たり、ドームでライヴができるような存在になりたいです。
阿部
結成時から東京ドームを目標に掲げていて、『CDJ』に出演したことでその気持ちがより強くなったわけではなく、その想いは最初からずっとブレずに強くあります。もちろん大きな舞台に立つ喜びを初めて感じられたことは大きいですけど、現状まだまだ遠い目標なので地に足つけて頑張ります!

取材:千々和香苗

シングル「宛名のない、」2020年6月24日発売 Shiro to Kuro
    • SKCI 0001
    • ¥1,000(税込)
    • ※TOWER RECORDS新宿店・渋谷店および
    •  ライヴ会場限定販売
    • ※各サブスクリプションサイトにて配信中
シロとクロ プロフィール

2015年夏、地元の山陰にて結成された3ピース歌モノロックバンド。活動の主軸に“ライヴ”を置くことを意識し、完全セルフプロデュース・セルフマネジメントのスタイルで独立性の高い活動を展開している。18年に開催されたオーディション『RO JACK for COUNTDOWN JAPAN 18/19』優勝後は活動拠点の東京だけでなく地方での支持も厚く、着実にライヴ動員を伸ばし続けている。シロとクロ オフィシャルHP

「宛名のない、」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』