デビュー時から独自のルーツ志向を
突き進むロス・ロボスの
『ハウ・ウィル・ザ・
ウルフ・サヴァイヴ?』

ライヴハウスでのつながり

デビューアルバムをリリース後は、ロックとチカーノ音楽を交えながらライヴハウスで活動するようになる。そこで前述のブラスターズやXと懇意になるわけだが、その頃のイーストL.Aのライヴハウスでは、パンクロック、カントリー、ブルーグラス、ブルース、R&Bなどのアーティストが入り乱れ、それぞれの音楽に影響され合っていた。これがもとになって後にオルタナカントリーやアメリカーナが生み出されることになるわけで、その歴史的な場面にロス・ロボスもいたわけである。ブラスターズのデイブ・アルヴィンはXのエクセン・サーベンカと一緒にニッターズというオルタナ・カントリーのグループをスタートさせ、それを観たクラッシュのジョー・ストラマーがカントリーに影響されるようになるなど、当時のイーストL.Aでは早くから90年代に向けたオルタナティブで自由な空気が漂っていたのだろう。

同時期、カントリーシンガーで俳優のドワイト・ヨーカム(映画『パニックルーム』で恐ろしい人物を演じていた)や、アメリカーナ・シンガーのルシンダ・ウィリアムス、俳優でシンガーのハリー・ディーン・スタントン(デビッド・リンチ監督やヴィム・ヴェンダース監督のお気に入り俳優)なども、この周辺で活動していたアーティストである。

スラッシュレコードとの契約、
メジャーデビュー

そして、ロス・ロボスはスラッシュと契約し、メジャーデビューEP『アンド・ア・タイム・トゥ・ダンス』(‘83)をリリースする。プロデューサーにはT・ボーン・バーネットを迎え、ゲストミュージシャンとしてブラスターズのスティーブ・バーリンがサックスで参加している。このアルバムでは、ロックンロールやテックスメックス、カントリーロックなどがパワフルに演奏されていて、デビッド・イダルゴのギターワークをはじめ、メンバーの演奏技術はハイレベルだ。他のポストパンクのアーティストと比べると別次元のテクニックだと言えるだろう。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着