田原俊彦、ニューシングルが1位獲得
&ファンの名前を呼ぶネット企画発表

日本のエンタテイメント界に君臨する田原俊彦が通算76枚目になるニューシングル『愛は愛で愛だ』の詳細を発表した。

このシングルは当初6月17日に発売を予定していたが、昨今のコロナ禍の影響を受け、8月5日に発売延期を余儀なくされたもの。作詞は今井美樹の「PIECE OF MY WISH」、中山美穂の「幸せになるために」などの大ヒットでも知られる岩里祐穂、作曲はAKB48グループへの楽曲提供でも知られる新進気鋭のユニットCHOCOLATE MIXによる。また、SEKAI NO OWARI、ゆず、Official 髭男dismなどのプロデュースでも知られる保本真吾がサウンドプロデュースを行い、最新型のダンスミュージックに仕上げている。

シングルは配信発売するなりオリコンミュージックストアのダウンロード総合ランキングで首位に躍り出た。1位はリード曲の「愛は愛で愛だ」、2位はカップリング「ラストタンゴ インTOKYO」のワンツーフィニッシュ。レコチョクの歌謡曲/演歌ランキングでも1位に輝いている。

タイトルは一見この時代に能天気に聴こえるかもしれないが、1967年にビートルズが「愛こそはすべて」を歌ったように、混沌とした先の見えない時代にはストレートに心に訴えかけるシンプルかつ重要なメッセージを持った曲が生まれる。40年以上芸能界で生きてきている中で様々な出来事があったが、その生き方に「忖度」や「遠慮」という文字はなく、田原のいつも正面から向き合う姿にブレがないのはファンならずとも知るところ。先の見えない時代に正面からハッピーな「愛」を歌うのは正に彼しかいないだろう。

YouTubeにアップされたミュージックビデオの中でも無邪気に楽しそうに踊って歌う田原俊彦。しかし、「生きて生きて生き抜いて 不死身のキズも 悪くないだろ」と歌う田原は、激動の時代を生き抜く逞しい男の顔をみせてくれている。

6月21日に予定されていた当該シングルのリリースパーティも開催見合わせになっている中、ファンには嬉しい企画も追加発表された。そのうちの1つが「ねっとdeでいと」。UNIVERSAL MUSIC STOREで予約すると、田原俊彦本人が、予約者の名前を呼んでくれる様子をYouTube上に公開するというもの。「哀愁でいと」で虜になった永遠のアイドル、トシちゃんに名前を読んでもらうことを夢にまでみたファンも少なくないだろう。

「CDの方は8月5日に延期になりましたけど、配信で楽しんでくださいね。今は本当に大変な時期を過ごしていると思います。でも下を向かないで、ハッピーなこと、僕のこと(笑)など考えて1日も早く会えることを願いましょう。僕もみんなとまた幸せなひと時を一緒に過ごせる時が来ることを念じて、コンサートのメニューなどを考えてます。それまで元気で待っててください!」と田原はYouTube上で公開された動画メッセージで語った。

ニューシングル『愛は愛で愛だ』

2020年6月17日デジタル配信
2020年8月5日CD発売
初回盤(CD+DVD):UPCY-9921 / 2,300円(税込)
通常盤(CD):UPCY-5089 / 1,200円(税込)
[ 収録楽曲 ]
1. 愛は愛で愛だ
 作詞 岩里祐穂 / 作曲 CHOCOLATE MIX / 編曲 保本真吾
2. ラストタンゴ イン TOKYO
 作詞 岩里祐穂 / 作曲 網倉一也 / 編曲 石崎光
3. 愛は愛で愛だ(INST)
4. ラストタンゴ イン TOKYO(INST)

[ DVD収録内容 ]
・“愛は愛で愛だ” Music Video
・Making of “愛は愛で愛だ”

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着