角松敏生との邂逅で
中山美穂がアイドルから完全脱皮!
『CATCH THE NITE』は
女性シンガー史上屈指の名盤

脱アイドルがうかがえる歌詞

『CATCH THE NITE』はアルバムとして統一感があると言ったが、これは歌詞も同様。アルバム内で統一感があるだけでなく、中山美穂のアーティストとしてのスタンスに重ねているのでは、と思うような内容でもある。

《Woo darling 今夜も又/Woo darling わがままに負けそう/本気じゃないこと知っていたけど まだ迷ってるの/In the night 今夜限りで終りにして/In the night ゆくあてのない愛はこれで/Good bye love》(M2「MISTY LOVE」)。

《何かが私の中で 変わってゆく気がするの/もう流されたくないわ》《Don't stop dance とびだす/夜の街が教えてくれるわ/Catch my heart 変わらぬ/もう一人の私に目覚めて》《何も考えずに 身をまかせていた/そんな毎日には 今夜でさよなら/大切な日々の中で stepを踏んでよ さあ!/素敵な夜の始まり》(M6「CATCH ME」)。

《この退屈な部屋の中から すぐに/連れ出して どこか遠くへ》《決められた毎日に 縛られたまま/ときめくことさえいつか/見失なうのが恐いから》《きっとまた ありふれた朝がくる/その前に私を変えて》(M7「JUST MY LOVER」)。

《Get your love tonight/お互いに待つ人がいる/Get your love tonight/もうあの頃に帰れない》《Get your love tonight/それ以上 言わなくていい/Get your love tonight/今夜だけ連れ出して》(M9「GET YOUR LOVE TONIGHT」)。

《私が求めていたことは きっと/ここにいることじゃないの/気がついた時は 指輪をはずして/駆けだしていたの 振り向かずに》《花嫁姿のままとび出したら/あなたにすぐ電話するわ/あの部屋の花瓶 これから毎日/私が水をあげたいの》(M10「花瓶」)。

そのほとんどが男女の関係を綴ったものではあるようだが、どれもこれも現状からの変化や逃避を希求する内容である。アイドルからアーティストへの脱皮を図りたいと考える彼女の決意、そのメタファーのように思えるのは私だけではあるまい。作品に貫かれたスピリッツもお見事である。

TEXT:帆苅智之

アルバム『CATCH THE NITE』1988年発表作品
    • <収録曲>
    • 1.OVERTURE
    • 2.MISTY LOVE
    • 3.TRIANGLE LOVE AFFAIR
    • 4.SHERRY
    • 5.スノー・ホワイトの街
    • 6.CATCH ME
    • 7.JUST MY LOVER
    • 8. FAR AWAY FROM SUMMER DAYS
    • 9.GET YOUR LOVE TONIGHT
    • 10.花瓶

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着