Angelo

Angelo

Angelo、東名阪で
ソーシャルディスタンスに配慮した
アコースティック公演&生配信を発表

6月7日(日)に自身初となるリハーサルスタジオからのアコースティック配信Live『NEOPHASE』を成功させ、第二弾を7月5日(日)にレコーディングスタジオからバンド形態で予定しているAngeloが、その第三弾を東京のみでなく大阪、名古屋でもソーシャルディスタンスに配慮したアコースティックライブ&生配信として行うことを発表した。

本公演の販売チケットは各会場収容人数の50%以下に設定し、EX THEATER ROPPONGIでは約400名、大阪 umeda TRADでは約70名、名古屋 DIAMOND HALLでは約70名の定員として、距離をとった配席で場内公演中は着席、雑談や声援を禁止する。来場者に対しては入口での検温、着用必須のオリジナル布マスク、コットン手袋を会場入口にて配布など、政府や各自治体によるガイドラインに従いながら新型コロナウイルス感染予防対策を徹底しての公演となる。

チケットはファンクラブでのみの販売となるが、同時に行われる生配信では各地からも視聴が可能なので、自宅や外出先でもライブを楽しむことができる。

【ライブ情報】

『Angelo Acoustic Live circuit & Streaming「NEOPHASE III - The quantum method -」』
7月18日(土) EX THEATER ROPPONGI -NEWSTYLE TESTCASE-(定員約400名)
7月26日(日) 大阪 umeda TRAD(定員約70名)
8月02日(日) 名古屋 DIAMOND HALL(定員約70名)

<チケット>
■販売チケット ※ファンクラブ限定販売
料金:¥18,000(1ドリンク込/税込/布マスク、コットン手袋会場配布)
制限枚数:お一人様1公演につき1枚まで
※3歳以上有料
別途手数料あり
■ライブ配信チケット ※ZAIKO販売
料金:¥3,800 (税込)+ZAIKO手数料
お支払い方法:各種クレジットカード、コンビニ決済、PayPal、WeChat、Alipay
・7月18日(土)@EX THEATER ROPPONGI -
https://angelo.zaiko.io/e/NEOPHASE3Tokyo
・7月26日(日)@大阪 umeda TRAD
https://angelo.zaiko.io/e/NEOPHASE3Osaka
・8月02日(日)@名古屋 DIAMOND HALL
https://angelo.zaiko.io/e/NEOPHASE3Nagoya

『Angelo Studio Live Streaming「NEOPHASE II - The switched world -」』
7月05日(日) 17:30開演/18:00開始
<チケット>
ライブ配信チケット:3,800円(税込)+ZAIKO手数料
お支払い方法:各種クレジットカード、コンビニ決済、PayPal、WeChat、Alipay

◎ZAIKO Angelo販売ページ:
https://angelo.zaiko.io/e/StudioLiveStreamingNeophase2
◎ZAIKO ライブ配信チケットの購入から視聴まで:
https://twitter.com/ZaikoLiveStream/status/1251300571077677057
Angel
会場配布オリジナル布マスク
会場配布コットン手袋

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着