松尾太陽

松尾太陽

タカシ(超特急)、
本名の“松尾太陽”として
ソロデビュー決定!
豪華クリエーター陣を迎えた
ミニアルバムをリリース!

ダンス&ボーカルグループ・超特急でボーカルを務めるタカシが、本名の松尾太陽として、9月2日にソロデビューすることが決定。全6曲入りのミニアルバム『うたうたい』をリリースすることが発表された。“City Pops"をテーマに、豪華クリエイター陣を迎えたデビュー作では、音楽、ビジュアルともに彼自身の“本質"により迫って、これまで見せたことのない表情を提示。シンガーとして、新たな境地への一歩を踏み出してゆく。

デビュー作のタイトルである『うたうたい』は、これまで数度にわたり彼が行ってきたソロライブのタイトル。今作には2019年の『Utautai』で披露したオリジナル曲をブラッシュアップしたナンバーや、松尾自身が手掛けた未発表の新曲も収録されており、さらにリード曲は新進気鋭のマルチアーティスト・Vaundyが手掛けている。

昨年YouTubeで楽曲を発表するや、10代・20代の若者の間で瞬く間に話題になり、今年5月にCDデビューしたばかりのVaundyは、新旧問わず多彩な音楽性が魅力。中でも750万回再生を突破した代表作「東京フラッシュ」に漂うシティポップの香りなどは、両親の影響で1970年代、80年代の音楽にも造詣が深く、ソロライブでもはっぴいえんどやシュガー・ベイブをカバーしてきた松尾と通じるものがあって、まさしく“City Pops"をテーマとする今作にはピッタリの人選。事実、リード曲の「Sorrow」はピアノやギターなどの生楽器を軸に、世代を問わず広く人の心に沁みる心地よい楽曲に仕上がっており、23歳の松尾に20歳のVaundyという平成生まれの二人が、時代を超えた“名曲"創りにチャレンジしている点にも注目だ。

その他、大塚愛によるフィロソフィックなポップチューン「mellow.P」には、彼女自身がコーラスで参加。また、堂島孝平&浅田信一のタッグに、アジア進出を果たした3 人組バンドのShe Her Her Hersはオルタナティブで神秘的なナンバーを提供と、実力派アーティストたちが松尾のデビューを飾るべく集結。スタイリッシュでありながら、どこか懐かしく、ゆえに普遍性の高い“City Pops"という作品テーマを、松尾の真っ直ぐな歌声と共に見事に体現している。

さらに、ジャケット撮影のメイキングを使用したティザー映像も公開。これまでのイメージを打ち破る撮影に臨む姿、さらにジャケット上で力強く躍る直筆の歌詞からも、デビューに向けての彼の強い決意を感じ取れるに違いない。持ち前のクリアなボーカルは近年さらに伸びやかさを増し、年齢を重ねるにつれ大人の表現力も備わって、シンガーとしての進境著しい松尾太陽。一人の“うたうたい"として、歌うことの大いなる喜びを、その名の通りまばゆいばかりに我々に届けてくれるはずだ。

■松尾太陽 オフィシャルSNS
HP: https://matsuo-takashi.jp/
Twitter:@takashi_m0923
instagram:takashi_matsuo0923
TikTok:takashi_matsuo0923

【コメント】

■松尾太陽
普段は超特急のバックボーカルとして活動させていただいていますが、1アーティストとして、1ボーカリストとして、さらに自分自身に磨きをかけていくために、松尾太陽としてソロアーティスト活動をさせていただくことになりました。今年に入って新型コロナウイルスの流行で、予想だにしないことが起きてしまい、今も思うように動けなかったり、大変な思いをしていらっしゃる方がたくさんいると思います。
僕の活動を通して、何か少しでも色んな方にエンターテインメントを提供したい。
そして僕の歌で沢山の方を楽しませることができたら、少しでも幸せな気持ちになってもらえたら良いなと今年に入ってからずっと考えていました。今までに無い未開拓な世界に飛び込んで、更に一味も二味も違うボーカリストを目指して、まだまだ未熟な僕ですが、これからソロとしても活動をしていきたいなと思っていますので、応援をよろしくお願いします。

■Vaundy
忘れられない悲しみを受け入れて、前に進むために作った僕なりの応援歌です。
ハイトーンなので、作っている自分でも歌うのが非常に難しい曲ですが、太陽さんの芯のある歌声がとても前向きに聴ける曲にまとめてくれています。


■大塚 愛
せっかくオファーいただいたのに、こんな時期ということもあり、一度もお会いすることなく、どのような方かわからないまま創ることになったので、太陽君、こんな人かなって(笑)勝手な世界で遊びました。
太陽君にもリスナーの皆様にも、ノれて楽しめるものになっていたら幸いです。

■堂島孝平
オファーをいただき曲を書きましたが、アレンジされバンドでレコーディングされたテイクを聴いてワクワクしています。まだ歌入れ前の段階ですので、今は太陽くんの歌声がどう響くのかがとても楽しみです。
ソロ活動を始めるにあたってはきっと相当なエネルギーが要るかと思いますので、少しでもこの曲がその一部になれたなら本望です。

■She Her Her Hers
太陽くんの少しクールでセクシーな一面が見える曲に仕上がったと思います。ソロアーティストとしての最初の作品に参加させて頂けた事、そして和やかに進んだレコーディグを含めて僕達にとっても凄く思い入れの強い曲になりました。この作品を通して太陽くんの魅力が一人でも多くの人に届いて欲しいです。
ミニアルバム『うたうたい』2020年9月2日発売
    • ZXRC-2069/¥2,300(税抜)
    • <収録曲>
    • mellow.P / Sorrow / libra / 他(全6曲入り)
松尾太陽

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着