高橋海、AAAMYYYとの国境を超えたコ
ラボが広げたタイ人シンガー・Max J
enmanaの音世界

アジア全体を活動領域とすることがアーティストとして当たり前になる日はそう遠くはない未来なのだろう。タイ人シンガーMax Jenmana(マックス・ジェンマナ)が6月24日にリリースしたEP『555!』はそう思わせてくれる作品だった。
彼はDIYな活動ながら、その実力でタイの多くの人々を魅了してきた。「Into the Woods」はYouTube再生回数2.5億回を記録する大ヒットとなり、国内の大型フェスでは欠かせない存在だ。
そんな彼の持ち味である表情豊かな歌声は、今作に参加したLUCKY TAPESのKai Takahashi(高橋海)、AAAMYYYとのハーモニーや彼らのサウンドプロデュースが加わることで、別の素材に描かれたような新しい景色を見せてくれた。まさにそれぞれのピースが合わさったコラボレーション。そんな化学反応を生み出せる相手が、少し先の海の向こうにいる。そうなれば、軽々と壁を超えてしまえるのがアーティストという人々だ。
では、その過程とはどんなものだったのか。今回はメールインタビューで、Max Jenmana自身の音楽性や今作の制作について話を聞いた。

音楽に導かれて

ータイでのキャリアの中で、「Into the Woods」がYouTubeで再生回数2.5億回を記録するヒットとなったのは、大きなトピックだったと思います。この曲にはどんなテーマやメッセージが込められているのでしょうか?
確かに「Into the Woods」は僕の曲の中で一番知られている曲で、タイの人々がたくさん共感してくれた曲です。この曲には“騒がしい世間や厄介な人々から離れて、自分自身の内なる平穏を見つける”というテーマがあって、おとぎ話のように野生の動物をメタファーに使って表現しました。

ーなぜここまで共感される曲になったと思いますか?

そうですね…思うに、おとぎ話のような内容なので、シンプルに自分へ語りかけてくるように感じてくれたのかなと思います。タイでは幅広い年代の人に気に入ってもらえてました。僕が想像していたよりも多くの人々に聴いてもらえてありがたいですし、とてもラッキーだと思います。

ーMaxさんはどんなきっかけで音楽を始めたんでしょうか?

ハッキリしたきっかけはないんですが、気づいたら音楽が自分の人生の中でずっと続けていきたいと思える数少ないものになっていました。正直これだけ長い間音楽をやっているなんて、自分でも不思議な感じがします。でも音楽に関わることで、自分がやるべき事や人生の目標が見えてきたと思うんです。

ー音楽性に影響を与えたアーティストはいますか?

僕の超フェイバリットは何といってもJohn Mayerです!彼の曲は語りかけてくるような感覚がして、ずっと聴いていられます。イマジネーションの源ともいえますね。他にはFoster The PeopleやThe Neighbourhoodなんかも好きです。

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

新着