Kenmochi Hidefumi、新作『たぶん沸
く〜TOWN WORK〜』本日リリース 今
夜インタビュー生配信

Kenmochi Hidefumiが新作『たぶん沸く〜TOWN WORK〜』を本日6月26日(金)にリリースした。
新作『たぶん沸く~TOWN WORK~』は前作に引き続きジューク/フットワークをベースとした独自のサウンドを展開。全8曲入りの作品となっている。カバー・アートワークは〈孔雀倶楽部〉のクワハラヨシユキが担当。タイトルに合わせて街をテーマにしたのか、SF的な世界観に、戦士のような姿のKenmochi Hidefumiが描かれている。また、“TOWN WORK”ということで、パソコンやZOOMなど、街で働く人向けに オフィシャルWEBショップ(https://kenmochiofficial.stores.jp) 内でパソコン用の壁紙がフリーで配布されている。
PC用壁紙

また、本日21時からYouTubeチャンネルにて公開生インタビューを配信するとのこと。こちらも合わせてチェックを。

【Kenmochi Hidefumi コメント】

前作、『沸騰沸く〜FOOTWORK〜』より一年。自分の新しい音楽スタイルとしてシカゴフットワークを取り入れてきましたが、活動を続けていくうちに自分の音楽は正規のフットワークではない、ちょっと亜流のスタイルなのでは、と考えがよぎるようになりました。「これはフットワークなのか」と聞かれたら自分でも首を傾げながらこう答えるでしょう「たぶん…フットワーク?」と。

そんな曲達が詰まったNew EP『たぶん沸く〜TOWNWORK〜』。外出自粛で運動不足になった皆さん、これを聴いて爆踊りし運動不足を解消していただければ幸いです。


【配信情報】

『「たぶん沸く〜TOWN WORK〜」リリース生インタビュー』

日時:2020年6月26日(金)21:00〜22:00
配信先: YouTube(https://youtu.be/wN62bHLdjO8)


【リリース情報】

Kenmochi Hidefumi 『たぶん沸く~TOWN WORK~』

Release Date:2020.06.26 (Fri.)
Label:孔雀倶楽部
Tracklist:
1. Bring Me Joy
2. Lolipop
3. Neptune
4. Bombay Sapphire
5. TukTuk Yeah
6. Whistle
7. Midnight Television
8. Masara Town

■Kenmochi Hidefumi: Twitter(https://twitter.com/h_kenmochi) / Instagram(https://www.instagram.com/h_kenmochi/)

【アルバム情報】たぶん沸く~TOWN WORK~

発売日:2020年6月26日(金)

タイトル:たぶん沸く~TOWN WORK~

品番:KJKC-0004

1.Bring Me Joy

2.Lolipop

3.Neptune

4.Bombay Sapphire

5.TukTuk Yeah

6.Whistle

7.Midnight Television

8.Masara Town

【Music】たぶん沸く~TOWN WORK~ *6月26日0時〜

■Apple/iTunes

https://itunes.apple.com/jp/album/1518182200 

■Spotify

http://open.spotify.com/album/3Y4Ibh6A6cH4plC3AXNf00 

■LINE MUSIC

https://music.line.me/launch?target=album&item=mb0000000001cb0e0c&cc=JP&v=1 

■レコチョク

http://recochoku.jp/album/A1014000438/ 

□Official Audio(現在限定公開)*6/26 12時解禁

【無料パソコン用壁紙】たぶん沸く~TOWN WORK~

【Kenmochi Hidefumi・プロフィール】

ケンモチヒデフミ。サウンドプロデューサー/トラックメイカー/作詞家/作曲家。

2000年代より『Kenmochi Hidefumi』名義でインストゥルメンタルの音楽を作り、クラブジャズ系のシーンで活動。Nujabes主催のHydeout Productionsよりアルバムをリリースした。

2012年よりポップユニット<水曜日のカンパネラ>を始動。それまでのクールなイメージとは一線を画した路線で、作詞作曲を含めサンドプロデュース兼メンバーとして所属。ベースミュージックを経由した中毒性の高いトラックと独創的なリリックを組み合わせ、新境地を開拓中。 現在はxiangyuの全面プロデュースを手掛ける他、Charairi吉田凜音などのアーティストへの楽曲提供や、映画『猫は抱くもの』の劇伴も手掛けている。

昨年2019年には、綾瀬はるか出演、振付MIKIKO、監督児玉裕一のグリコの新CMの音楽を担当するなどCM楽曲にも多数参加と共に、『Kenmochi Hidefumi』名義でのソロアルバムリリース、DJ出演など活動を再開。

【その他】

Kenmochi Hidefumi・twitter:https://twitter.com/h_kenmochi

Kenmochi Hidefumi・Instagram:

https://www.instagram.com/h_kenmochi/

Kenmochi Hidefumi・facebook:https://www.facebook.com/KenmochiHidefumi/

クワハラヨシユキ(孔雀倶楽部):https://www.instagram.com/yk6871/

KUJAKU CLUB/孔雀倶楽部 NEWS:https://twitter.com/ClubKujaku

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着