Youtubeに開設された「手越祐也チャンネル」

Youtubeに開設された「手越祐也チャンネル」

手越祐也君の人間的魅力に気づいたよ
:ドラァグクイーン・エスムラルダ連
載317

エスムラルダの「勝手にワイドショー!」
連載第317回 手越祐也君の人間的魅力に気づいたよ「今年の4月、非常事態宣言発令中に、女性らとパーティーに参加していた」との報道を受け、5月下旬から芸能活動を中止していたNEWSの(元)メンバー・手越祐也くんが、6月19日付でジャニーズ事務所との専属契約を終了したというNEWS。おそらくみなさんもご存じよね?
 実はアタシ、NEWSのことは割と好きで、6人体制の頃、東京ドームのライブに行ったこともあるの。当時はまさか、ここまで人数が減るとは思いもしなかったわ。なんだか、少しずつ人が減っていくサスペンスドラマを観ている気分……。このままいくと、最終的に誰か一人だけが残って「コーネリアス」や「T.M.Revolution」のようなソロプロジェクト状態になるとか、やはり6人から3人に減ったKAT-TUNと合併し、「NEWS KUN」もしくは「KUNEWS」として再デビューとか、そういう展開さえありえそう。
 それにしても、手越くん。アタシはマッスー(増田くん)&シゲ(加藤くん)推しなので、今まで手越くんに対してそれほど思い入れはなかったんだけど、今回の騒動で、かえって好きになったわ。芸能活動中止中にシングルマザーにお弁当配ったり、退所するやいなや新たなツイッターアカウントを開設し、退所に至る経緯や記者会見の内容などが批判を浴びる中、「朝からお仕事順調♪」と呟いたり、行動が斜め上すぎて面白すぎ。周りの人はちょっと大変かもしれないけど……。
 あと、スキャンダルの数々はさておき、「自由に活動したい」という手越くん(や、過去のほかの退所メンバーたち)の気持ちもわかる気がするの。最初のうちは「デビューさせてもらえるだけで嬉しい」と思っても、人気や扱いにあからさまなグループ内格差があれば、面白くない気持ちにもなるだろうし、いろいろな音楽に触れたり、ミュージシャンやアーティストとの交流が増えたりすれば、「ああいう音楽がやりたい」「こういう活動がしたい」という欲も出てくるだろうし。先輩方が独立に失敗した例も知ってはいるだろうけど、「自分ならうまくやれるんじゃないか」と思ってしまうのが、人情というものよね……。
 ここ数年、所属タレントのスキャンダルや休業、グループからの脱退、退所などが増えている……ように見えるジャニーズ事務所。特にSMAPの解散や嵐の休業宣言、ジャニー喜多川さんの逝去など、大きな出来事が続いているせいで、「事務所の影響力が弱まっている」と言われがちだけど(そして、実際弱まっているのかもしれないけど)、若く血気盛んな男子があれだけたくさんいて、むしろよくこの程度の「問題」で済んでいるなあとアタシは思うわ。
<水曜連載>※今回金曜更新
写真:Youtubeに開設された「手越祐也チャンネル」
エスムラルダ参加ユニット「八方不美人」、新曲「地べたの天使たち」Youtubeで公開中! 検索してね!デビューミニアルバム「八方不美人」、2ndミニアルバム「二枚目」発売中!楽天ブックス「八方不美人」CD販売特設https://books.rakuten.co.jp/artist/100000000837805/
JOYSOUNDの新機種で「愛なんてジャンク」本人映像と「流砂の恋」「罰をくらえ愛で」配信中、Youtubeで「流砂の恋/ドリアン・ロロブリジーダ」「ディレンマ/エスムラルダ」「魔法時間/エスムラルダ」ほか大量MV公開!

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001
連載バックナンバーはこちら →
https://wp.me/p95UoP-4L(コピペして検索窓に)
おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/135072

ブッチNEWS

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着