体に追いつかない感情に命を

生きていると、言葉にできない感情が多すぎる。どんなに辞書を引いてもぴったりな表現に出会えず、モヤっとした重いものが体内を循環、酸素を隅々まで奪っていく。もしかしたら、それゆえに人は歌うのかもしれない。言葉では足りない何かを補うために。モヤモヤに全てを支配されないようにするために。そんなことを、eurekaを聴きながら考えていた。

彼らは2018年結成のオルタナティブロックバンドだ。結成時は3ピースだったが、現在は4ピースとして歩みを進めている。
eurekaの真髄は、ボーカルである優凜から放たれる憂愁さだ。周りが見えすぎるがゆえに上手くやり過ごせない不器用さが、彼の表現からにじみ出ている。中性的な歌声や含みの多いリリックは、まさしくその産物といってもいいだろう。体に追い付かない感情を必死にまとめあげ、言葉を探し歌に落とし込んだものこそ、eurekaの音楽なのだ。

先日配信が開始された「erika」は、2018年9月にリリースされた『泡沫』の収録曲。アンニュイな優凜の高音が、センチメンタルに響く1曲だ。この自粛期間で制作に精を出していたらしいので、今後の活躍にも期待したい。

こんなアーティストが好きな人におすす

eureka アーティストページ|BIG UP!

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着