Da-iCE花村想太のバンド「Natural Lag」オンラインライブツアー開幕

Da-iCE花村想太のバンド「Natural Lag」オンラインライブツアー開幕

Da-iCE花村想太のバンド「Natural L
ag」オンラインライブツアー開幕

オンラインライブツアー開幕

4オクターブの声域を持つDa-iCE(ダイス)のメインボーカル花村想太のバンドプロジェクト「Natural Lag」(ナチュラルラグ)が6月29日、動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」でオンラインライブツアー「Natural Lag Online Live Tour 2020」を開幕した。
Natural Lagは、2020年1月に発売された1st mini album「ナチュラルストーリー」を引っ提げた念願の初ツアー「Natural Lag Live Tour 2020 -the first story-」を予定していたが、新型コロナウイルスの影響でやむを得ず全公演中止を発表。
果たせなかったファンとの“約束”をオンラインライブという形で実現させた。
気になるライブ内容とは
1曲目は新曲「不機嫌な信号」からスタート。
待っていましたとばかりにファンは歓喜のコメントやエールを送り、オンラインライブならではの形で応援した。
勢いそのまま「Determination」「リモコンファイター」「Be your man」「Suger High」と5曲続けて披露。

「人生初めてのワンマンライブで緊張しています」という花村は、「目の前に(実際に)見える方はいないけど、画面を通してたくさんの方が見ていらっしゃるというのは感慨深いですね」と話し、本来ライブをする予定だった会場の人数よりも多くの人に見てもらえる結果になったという。
「愛と恋」では持ち前の優しい歌声に、「これは泣く」「めちゃくちゃ共感しまくる曲です」「大好きな曲」と、切ないバラードソングに多くの反響コメントが寄せられた。
続いて「蜃気楼」では一転、明るく爽やかに歌い、「ファイティング・ソング」では花村が画面へ手拍子を煽るとコメント欄は拍手の絵文字で埋め尽くされた。しかし、実際の反応が気になったのか「皆さんとの距離がわからず取り乱してしまいました」と笑いを誘う場面も。
また、ファンは花村のネイルにも注目。「NL」という「Natural Lag」のロゴが刻まれたネイルに「かわいい!」というコメントが相次ぎ、細部へのこだわりもしっかりと画面を通して伝わっていたようだ。
そしてライブはあっという間にラスト2曲に。

「新型コロナウイルスの影響で直接会うことはできていませんが、メンバーと作り上げた音楽をこうして皆さんに届けることができて、単純に嬉しいという言葉じゃすまないくらい、大切な時間をいただいたなと思っています」と、大事なライブの場所を設けられたことにファンやスタッフへの感謝の気持ちを述べ「Trust Me」へ。
ラストは先日YouTubeで公開された「約束」で締めくくった。
▲Natural Lag / 約束
新型コロナウイルスの影響で全公演中止となり果たせなかったファンとの“約束”をオンラインライブという形で果たした花村は改めてファンへ感謝を伝え、8月12日のオンラインライブではセットリストをガラリと変えて臨むことを発表。
「よかったら8月もまた会う“約束”をしてください」と新たなステージへ向けてファンとの“約束”を結んだ。
「Natural Lag」の歌詞・動画・ニュース一覧
https://utaten.com/artist/36226
ライブ情報
●Natural Lag Online Live Tour2020
※2020年8月12日(水)公演のチケット詳細は後日発表。

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着