映画「リメンバー・ミー」は家族の愛の物語!あなたも感動の涙を流すかも

映画「リメンバー・ミー」は家族の愛の物語!あなたも感動の涙を流すかも

映画「リメンバー・ミー」は家族の愛
の物語!あなたも感動の涙を流すかも

TOP画像引用元 (Amazon)

「リメンバー・ミー」とは?
▲映画『リメンバー・ミー』日本版予告編
映画『リメンバー・ミー』は、ディズニー・ピクサーが贈る長編アニメーション作品です。
メキシコを舞台に、主人公・ミゲルが死者の国で大冒険。美しい映像、音楽とともに描かれています。
日本でもロングヒット作となった本作品。世界中で人気が高く、特に映画の舞台となっているメキシコでは、国内全映画史上1位の記録を打ち立てました。
第45回アニー賞では11部門を受賞。
第75回ゴールデングローブ賞では、アニメ映画賞を受賞。
そして、第90回アカデミー賞では、長編アニメ映画賞と主題歌賞の2冠に輝いています。
歌によってつながる家族の絆!
▲「リメンバー・ミー」MovieNEX 日本版エンドソング
『リメンバー・ミー』の主人公・ミゲルは、ミュージシャンを夢見るギターの天才少年。
同郷の伝説的ミュージシャン・エルネスト・デラクルスを信奉しています。
しかし彼の一族には「音楽禁止」という掟がありました。
認知機能が衰えたひいおばあちゃんのママ・ココが話すのは、ミュージシャンになって自分を捨てた父親のことばかり。
そんなある日、少年は「死者の日」に開催される音楽コンテストに出場することを決心します。
ところが、今は亡き伝説の歌手・デラクルスの墓にあったギターで演奏したところ「死者の国」に迷い込んでしまいます。
太陽が出るまでに元の世界に戻らないと、少年の体は消えてしまいます。
そんな少年を助けてくれたのは、陽気で孤独なガイコツ・ヘクターでした。
伝説の歌手が遺した名曲「リメンバー・ミー」。すべての謎を解く鍵がここに。
どんでん返しと感動が押し寄せる!
画像引用元 (Amazon)
『リメンバー・ミー』は、ひょんなことから「死者の国」に迷い込んだミゲルが、思いがけない秘密と愛の絆を知っていく感動のファンタジー。
幻想的で美しい映像は圧巻です。
あらすじでは書ききれないほどの盛りだくさんな内容が、テンポよく押し寄せ驚きの連続です。
キャラクターのやり取りはくすっと笑えます。ストーリーが進むにつれ、大どんでん返しの連続に驚かされますよ。
「死者の国」での出会いを経て、成長していくミゲルの姿にも注目です。
ラストは、涙があふれて止まらなくなってしまったという人も多いのではないでしょうか。
『リメンバー・ミー』は「家族っていいな」と実感できる、満足度の高いエンターテイメント作品です。
主役は声優デビューの中学生!
画像引用元 (Amazon)
劇場版アニメ『リメンバー・ミー』は『トイ・ストーリー3』を手掛けたリー・アンクリッチが、監督を務めました。
製作総指揮は『アナと雪の女王』を手掛けたジョン・ラセターです。
≪キャスト一覧≫
ミゲル:アンソニー・ゴンザレス/石橋陽彩
ヘクター:ガエル・ガルシア・ベルナル/藤木直人
エルネスト・デラクルス:ベンジャミン・ブラット/橋本さとし
ママ・イメルダ:アラナ・ユーバック/松雪泰子
エレナ・リヴェラ:レニー・ヴィクター/磯辺万沙子
エンリケ・リヴェラ:ハイメ・カミーユ/横山だいすけ
パパ・フリオ:アルフォンソ・アラウ/多田野曜平
オスカル/フェリペ:ハーバート・シグエンサ/佐々木睦
事務官:ガブリエル・イグレシアス/チョー
広場のマリアッチ/グスタヴォ:ロンバルド・ボイヤー/坂口候一
ママ・ココ:アナ・オフェリア・ムルギア/大方斐紗子
フリーダ・カーロ:ナタリア・コルドバ=バックリー/渡辺直美
日本語吹替版で主人公・ミゲル役を演じる石橋陽彩は、今作品で声優デビュー。
この時は、まだ中学生でしたが、素晴らしい演技を見せてくれています。
エンリケ役の横山だいすけは、元歌のおにいさんですね。
その他のベテラン芸能人や芸人の方々も、とても楽しい演技を見せてくれますよ。
主題歌「リメンバー・ミー」
劇場版アニメ『リメンバー・ミー』の主題歌『リメンバー・ミー』は、映画中で幾度となく挿入歌として登場。
オリジナル版では、ベンジャミン・ブラッド、ガエル・ガルシア・ベルナル、アンソニー・ゴンザレス、ミゲル、ナタリア・ラフォルカデが歌唱。
日本語吹替版では橋本さとし、藤木直人、石橋陽彩、シシド・カフカが歌唱していますよ。
第90回アカデミー主題歌賞に輝いた名曲です。
▲「リメンバー・ミー」MovieNEX ひいおばあちゃんに捧げる♪リメンバー・ミー
タイトル『リメンバー・ミー』の意味は「わたしを忘れないで」。
家族の絆を謳う、この映画のテーマともいえる言葉ですね。
この映画では「誰かの心に生きていればどこかでその人も生き続けてる」ということが、大きな命題となっています。
ミゲルが、主題歌『リメンバー・ミー』をひいおばあちゃんに捧げる場面は、涙必須の名場面です。
数あるピクサー映画の中でも、もっとも泣ける映画と言えるでしょう。
主題歌『リメンバー・ミー』は、今作の世界観を作り上げる鍵となる名曲なのです。
愛を感じる映画!
▲藤木直人&石橋陽彩の歌が響き渡る!映画『リメンバー・ミー』本編シーン
映画『リメンバー・ミー』は、観たらきっと泣いてしまう、感動の家族の再生物語。
肉体の死だけでなく、人に忘れ去られることによる死。
今、自分がここにいて家族がいること。
『リメンバー・ミー』は、多くの人が当たり前だと思っていることの素晴らしさ、大切さに気付かせてくれる、そんな素敵な作品です。
余計な言葉はいりません。あなたも、ぜひご覧ください。

TEXT  有紀
「シシド・カフカ feat.横山剣 with CRAZY KEN BAND」の歌詞・動画・ニュース一覧
https://utaten.com/artist/23800

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着