【コメント&PV公開】諏訪部順一が『
パリピ孔明』に 鬼頭明里「私も孔明
みたいなマネージャーさんが欲しい」
 7月8日発売のコミックス第2巻発売
記念PV

天才軍師・諸葛孔明が現代に!? で話題沸騰中の、四葉夕卜/小川亮による時代ギャグコメディ『パリピ孔明』(コミックDAYS)。7月8日発売の第2巻を記念して、諏訪部順一鬼頭明里が出演するPVが公開された。キャストコメントと合わせて紹介する。
第2巻発売記念PV
諏訪部順一(諸葛孔明役)
――本作を読んでみての感想をお聞かせください。
昨今、主人公が異世界だったり別の時間だったりに生まれ変わるような設定の作品は色々あると思うのですが、今作は一般人ではなく、諸葛亮というビッグネームが、若き日の本人そのままの姿と中身で、しかも現代日本に転生するという変わり種(笑)。孔明といえば、知略に長けた軍師として『三国志』の中でもひときわメジャーな人物です。そんな彼が、自分が見知った東京でどのようなドラマを繰り広げるのか? 非常に興味深いですね。この先の展開が本当に気になる作品です。
――孔明を演じてみた感想をお聞かせください。
様々な作品の中で描かれる孔明という人物は、ミステリアスで割とクールな人物というイメージが多いような気がするのですが、今作の孔明は時代ギャップなどもあって天然ボケのような可愛さがあったりします。天才軍師としての顔は健在なので、人としての振り幅が大きく、演じていてとても楽しかったです。もっとキャラクターを掘り下げたい、もっと演りたいという思いがさらに強くなりました。
――ファンの皆様へメッセージをお願いします。
今回のPVをご覧いただいたことがきっかけで、より多くのみなさんにこの作品に触れていただけると幸いです。多くの支持を得られることが出来たら、ふたたび孔明を演じられる機会があるやも。そういう未来があることを心より願っております。何はともあれ、とても面白い作品ですので、まずは『パリピ孔明』を御一読下さいませ。よろしくお願いします!
鬼頭明里(月見英子役)
鬼頭明里(月見英子役)
――本作を読んでみての感想をお聞かせください。
めちゃくちゃ面白くて一気に読んじゃいました! 私も孔明みたいなマネージャーさんが欲しいなと思いました(笑)私も導いてほしいなってすごい思いました(笑)ギャグもすごいテンポ良くて、現代に戦略を生かしたりとかするのもすごい上手いなと思ってとても面白かったです。
――英子を演じてみた感想をお聞かせください。
英子は現代にいるパリピの女の子って感じですが、凄く芯があって良い子だなってー思いました。孔明のことも最初、全然知らないあんなに怪しい人を助けるのはすごいと思いましたね。演じてみてやっぱ可愛いし良い子だし、悪意のない、夢にまっすぐでな子だなーって思いました。
――ファンの皆様へメッセージをお願いします。
私も初めて読んですごく面白くて読む手が止まりませんでした。ぜひぜひ皆さんにもこれを機に知っていただき、原作を買っていただきたいですし、『パリピ孔明』応援していただいて、アニメ化してその時には私もまた演じたいなって思いました。
『パリピ孔明』第2巻書影
『パリピ孔明』は、五丈原の戦いで死期を迎えた名軍師・諸葛亮孔明が、若い肉体に戻り、現代日本へと転生する物語。第2巻では、歌手を夢見る月見英子の軍師として、クラブ音楽による天下泰平を志すことに。英子のライブを見事成功させた孔明は、次なる戦場“野外フェス”に初参戦。英子に与えられた不遇ブースを盛り上げる秘策を仕込む――。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着