お笑いプロジェクト「GETUP! GETLIV
E!」ショートアニメ第0話を7月3日に
配信 最終回は視聴者投票で決定

(c)MBS/ゲラゲラ製作委員会 MBSによる「声優×二次元芸人」プロジェクト「GETUP! GETLIVE! (ゲラゲラ)」のショートアニメ「GETUP! GETLIVE! #げらげら」の第0話が、7月3日にYouTubeの公式チャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCdSs079eonU76YK2Vg5iPlw)で配信される。7月10日からMBSほか、全国28局ネットで始まる本編の放送に先駆けての公開となる。
 「GET UP! GET LIVE!」は、漫才コンビ「天津」の天津向が企画、MBSがプロデュースするプロジェクトで、お笑い芸人養成所「SSS(スーパースタースクール)」を舞台に、青春をかけて世界一の芸人を目指す男子たちの奮闘を描く。ショートアニメ「GETUP! GETLIVE! #げらげら」には、幼なじみコンビ「スターダスト」、デコボココンビ「菊一文字」、イマドキ関東芸人コンビ「6-シックス-」の3組が登場。視聴者のSNS投票で優勝が決まる人気番組「バズネタファイル」のオーディションを受けることになった彼らが、わずか1分間が命運を分けるお笑いショーに挑む。
 ショートアニメの最終話(第10話)でオンエアされるネタが、優勝を投票で決める同プロジェクトのライブと同じく、視聴者からの投票で決定されることも明らかになった。視聴者は第7~9話で披露された各コンビのネタのなかから面白かったものに投票し、最も投票数が多かったコンビのネタが最終話として放送される。9月4日の放送終了後から6日まで、公式Twitterとオフィシャルファンアプリで投票を受け付け、アプリからの票は2倍としてカウントされる。
 また、プロジェクトに参加する声優陣からのコメントも公開された。「スターダスト」の上原淳也役を務める花江夏樹は「声のプロたちが漫才をやるという、これまであったようでなかったコンテンツです。脚本を担当しているのがプロの芸人さんということもあって、アイドル性ではなく、ガチで笑いをとりにいっている熱です」と同作の魅力を語った。「菊一文字」の町田瀬那を演じる豊永利行も「バックボーンを描いた上での芸人さんの生き様を魅せるところ。ダメな奴ばかりだけど、腐ってはいないところ。面白いということを胸を張って突き進む姿は、笑ってしまうけど、カッコいいです」と力説。「6-シックス-」の喜多見蓮役を担当する阿座上洋平は、プロジェクトの醍醐味を「LIVE、ドラマCD、ラジオなどいろんな形でやっていますが、特にライブです。ライブはお客さんと一緒に生の空気を味わえます。そして、実際お客さんに投票してもらってその回の優勝が決まります。その瞬間を一緒に味わえることが最大の魅力だと思います」と紹介している。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着