あいみょん、唯一無二の世界観を生み
出した日比谷野外大音楽堂での生配信
による無観客ライブ『AIMYON 弾き語
りTOUR 2020 ”風とリボン” 』

『AIMYON 弾き語りTOUR 2020 ”風とリボン” supported by 淡麗グリーンラベル』2020.7.5(SUN)
7月5日(日)、あいみょんが自身初となるYouTube公式チャンネルからの生配信による無観客ライブ『AIMYON 弾き語りTOUR 2020 ”風とリボン” supported by 淡麗グリーンラベル』を開催。本イベントは5~6月にかけて開催予定だった弾き語りツアー『AIMYON 弾き語りTOUR 2020 ”風とリボン”』の全公演が開催見送りになったことを受け、急遽開催が決まったもの。「とても前向きなお見送りです」と、少しでも早いカムバックを約束していた彼女。今はまだ以前のようなライブはできないまでも、少しでもファンに生の音を届けようと実施されたもので、配信は無料で視聴可能に。さらに配信ライブの前後日には最新ライブ映像作品『AIMYON TOUR 2019 -SIXTH SENSE STORY- IN YOKOHAMA ARENA』を前後編に分け、同YouTube公式チャンネルでプレミア公開されるなど、あいみょん尽くしな特別な3日間が展開された。
この日の配信スタートは16時からだが、ライブ開始前から公式チャンネル上ではファンからセットリストや衣装の予想、前日のプレミア公開映像についてなど様々なコメントが届いていた。韓国や台湾、マレーシアなど海外のファンからのコメントもあり、オンラインならではの幅広い視聴層が集まっていた。そこへ「いってきまーす」と、あいみょんがライブチャットにコメントを残すと、チャンネル視聴者数は一気に上昇。

日比谷野外大音楽堂

ライブ画面へと切り替わると、ステージ袖にいるあいみょんが「私自身初めての体験となる配信ライブをお届けします。終わったら乾杯しましょう!」と、開演前のご挨拶。そして、1曲目に披露されたのは新曲「風とリボン」。実はこの曲、弾き語りツアーのためだけに作ったらしく、本来ならばすでに全国各地で歌われているはずだったもの。ライブ後にSNSにコメントと歌詞が公開されているが、やっと歌えたことのうれしさ、歌詞に乗せた憂いのある言葉……、初っ端からいろんな感情が混ざり合い心がぐっと締め付けられる。曲終わり、ステージ後方から彼女の姿が映され、会場の風景が一面に見渡せた。カメラクルー以外誰もいないからっぽの客席、そこは弾き語りツアーで初めて立つはずだった日比谷野外大音楽堂だ。
あいみょん
続く「ハルノヒ」、アコギ1本で歌う彼女の歌声が広い野外の会場にすっと広がっていく。雑味のないクリーンな歌声は画面越しでも純度高く受け取れるし、普段のライブではなかなか観ることのできない、ぐっと近寄った映像からは表現力豊かな彼女の表情がよく見える。誰もが最前列の気分でライブが観られるのはオンラインならではだろう。
あいみょん
この日のあいみょんの衣装はひまわりが描かれたアロハシャツに、淡い黄色のアイシャドウ、強くひいたアイラインが印象的で、一足早い夏の訪れを感じさせてくれる。今春、テレビCMで何度も見聞きしたこの曲、耳馴染みもよく軽快な雰囲気が流れた…と思いきや、「あーーー!間違えた!!」と、まさかの歌詞を間違えるミス! ステージにはあいみょんただ一人ということもあってか、ちょっとばかり気まずそうな苦笑いに、チャットのコメント欄には「どんまい!」「むしろ生配信っぽい!」と、ファンからの励ましコメントが続々と届けられる。
「歌ってる最中に心臓が急にドクドク早くなっちゃって、緊張してへんと思ってたけど……」と、なんだか落ち着かない様子の彼女。そこにカメラのアングルが変わり、誰もいない観客が映し出される。観客がいない静かなステージ、テレビの収録でもない、いつもと違う環境にまだぎこちなさを感じているのだろうか。
あいみょん
それでもぐっと空気を変えて、「ユラユラ」では普遍的な愛を歌い、「真夏の夜の匂いがする」ではファンキーなギターサウンドに人間臭さ溢れる詞世界を気だるげでハスキーな歌声で歌い上げる。ライブ中盤を締めくくる「風のささやき」では会場後方からステージに向かって広い画面が映し出された。日比谷野外大音楽堂を囲む緑の木々、青い空とゆっくりと動く雲、夕暮れに向かう心地よい時間の移ろい。そこに彼女が歌う横顔が映る。苦しみもがき、途方に暮れて皮肉も溢れる、そんな歌詞なのになんだか美しく見えてしまうのは、きっと彼女の力強い歌声のせいだろう。同じ場所で同じ時間を過ごしているような気持ちにさせるカメラワークも最高だ。この日の公演時間は45分程度と短い時間だったのだが、ここまでのたった数曲で彼女の多彩な世界観がビッシビシと伝わってきて、曲終わりに画面に向かって思わず拍手をしてしまっていた。
あいみょん
MCでは「なかなかみんなと会えへん時間が長くて、ライブもしてへんかったから……(この日のライブが)無事に出来たことがうれしい」と、感謝の気持ちを伝える。ライブ後半は「裸の心」で柔らかくも凛とした歌声を聴かせる。誰もいない広い会場はとにかく静かで、たった一人、彼女の歌声だけが存在する空間はなんとも贅沢で、大勢の観客の前で歌うライブとは違った魅力がそこにはあった。そして、この時点で視聴者数は約12万5千人を優に超えていた。たった一人の弾き語りのライブに約12万5千人の観客、想像するだけで思わず鳥肌が立ってしまう……。
あいみょん
続く「マリーゴールド」、多幸感いっぱいに歌う彼女の姿にチャットのコメント欄には愛溢れる言葉が多く届けられた。いつものライブ中であれば心の中で静かにため込んでいた瞬間々々の思いを言葉にして吐き出せるのは、配信ライブならではの良さだろう。そして配信終了時刻が近づくなか、ステージが続いていくと思いきや、あいみょんの動きが止まった。頭をがしがしとかきながら何やら悩んでいる様子……。「次の曲忘れた?」「歌詞を忘れたの?」と、ファンからのコメントも届くが、しばし無音の状態が続く。原因はわからなかったものの、これもまた生のライブらしい瞬間だろう。「いきます!」と気合いを入れ、「君がいない夜を越えられやしない」へ。あいみょんが紡ぐ、様々な愛の形はここでもまた違った表情を見せていく。エモーショナルに、吐息すら音にして歌い上げ、唯一無二の世界観を生み出していく。
あいみょん
「これが最初で最後の無観客ライブにしたいと心から思います。やっぱり客席にはみんながいてくれるのがいいなと思いました。喋っても何にも返事がないから(笑)。でも、(配信ライブを)やると決まってからはみんな楽しみに待っててくれてたから。次は必ず、会場で会いたいです」と、最終曲は「君はロックを聴かない」を。ノーマイクで歌い上げたり、ジャンプしたり、ライブのクライマックスにはファンからのもっともっと大きな力が直にぶつかってきて欲しい!と、良い意味でフラストレーションをため込んだ、感情をひりつかせる歌声を大きく響かせ、あいみょんの最初で最後の生配信ライブが幕を閉じた。この日の総視聴者数は57万人、その圧倒的な数字にも驚かされた。
あいみょん
ステージの去り際には淡麗グリーンラベルをプシュっと開け、画面の向こうにいるファンと乾杯! ライブ終わり直後の彼女の表情を間近に見られるのはうれしいけれど、やっぱり早く生のライブで彼女の歌声が聴きたい。通常通りのライブがいつ再開されるか、まだわからないのがもどかしいが、この日以上のライブが体感できるであろうその日を待ち続けたい。
あいみょん
取材・文=黒田奈保子 撮影=永峰拓也

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着