ROTH BART BARONから中原鉄也が退き
新体制に チケット代1万円の単独公
演を限定来場で開催 & 無料配信

ROTH BART BARONの中原鉄也(Dr.)が7月1日(水)に北海道・札幌にて開催された『STRINGS II』を持ってバンドから退き、新体制となることが発表された。今後はこれまで同様、サポート・ミュージシャンを迎えながら三船雅也を中心としたフレキシブルな編成で活動を行っていくとのこと。

なお、新体制となるROTH BART BARONの初ライブの会場はコロナ禍、いち早くライブ配信プラットフォームを確立した東京・新代田FEVER。行政の入場者ガイドラインを考慮した来場者30人限定のプレミアム・ライブとして7月11日(土)に開催されることが発表された。当日はYouTubeでの無料配信と共に、スーパー・チャット機能での投げ銭も可能になっている。

チケット代は1万円に設定されており、来場者には3つの特典が付く。バンド・ロゴ2種のうち1種類を選んで、希望のインクとボディ・サイズ、カラーでカスタム・オーダーできるオフィシャル・バンドTシャツと、本公演のライブ音源ダウンロード・コード、配信ライブ映像のダウンロード・カードが付いたスペシャルな内容となっている。なお、すでにバンドは5thアルバムのレコーディングに入っており、ニュー・アルバムからも数曲を披露予定とのこと。
また、開催延期となっていた『けものたちの名前 Tour final ~Live at めぐろパーシモン大ホール~』公演の振替公演が、12月26日(土)、27(日)の2daysに決定。会場のキャパシティを50%とし、希望者への払戻しも行う。詳細は ROTH BART BARONのオフィシャル・サイト(https://www.rothbartbaron.com/) よりご確認を。


【イベント情報】

『ROTH BART BARON “2020″ Live at FEVER』

日時:2020年7月11日(土) OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京・新代田FEVER
配信: Space Shower Music YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/user/spaceshowermusic)
料金:¥10000
出演:
ROTH BART BARON

[Member]
三船 雅也 -vo/gt-
+
岡田 拓郎 -gt-
西池 達也 -key/ba-
竹内 悠馬 -tp/key/perc
大田 垣正信 -tb/key/perc-
須賀 裕之 -tb/sampler-
工藤 明 – dr-

・ チケット(Livepocket)(https://t.livepocket.jp/e/rbbfever0711)
一般発売:7月7日(火)20:00~
抽選販売:7月9日(木)23:59〜

==

『けものたちの名前 Tour final ~Live at めぐろパーシモン大ホール~』

2020年12月26日(土) OPEN 17:00 / START 18:30 / END 21:00
2020年12月27日(日〉 OPEN 15:30 / START 17:00 / END 19:30

■ ツアー詳細(https://www.rothbartbaron.com/persimmon)

■ ROTH BART BARON オフィシャル・サイト(https://www.rothbartbaron.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着