りりあ。「ばーか。feat.あれくん」すれ違うカップルを描いた、心から共感できる愛の歌

りりあ。「ばーか。feat.あれくん」すれ違うカップルを描いた、心から共感できる愛の歌

りりあ。「ばーか。feat.あれくん」
すれ違うカップルを描いた、心から共
感できる愛の歌

倦怠期のカップルをそれぞれの視点から描く

▲あれくん「ばーか。」Music Video
「天使の歌声」と称され、SNSを中心に話題沸騰中のシンガーソングライター『りりあ。』。
先日リリースされた『浮気されたけどまだ好きって曲。』は、YouTubeでの再生数は400万回を突破し、LINEMUSICのデイリーランキングでは1位を獲得しました。
【歌詞コラム】りりあ。「浮気されたけどまだ好きって曲。」の切ない歌詞に共感する女性が続出!
https://utaten.com/specialArticle/index/5294
人気絶頂の中、2つ目の音源化作品となったのが『ばーか。feat.あれくん』です。
この楽曲は、2019年にリリースされていたあれくんの『ばーか。』を共同リリースしたもので、現在音楽配信サービス限定で聴くことができます。
ばーか (feat. あれくん) 歌詞 「りりあ。」
https://utaten.com/lyric/nm20061617
交際中の男女の気持ちを描いた歌詞は、彼女と彼氏の心情で構成されています。
付き合ってから月日が経ち、少しずつ素っ気なくなっていく彼氏への不満から物語は始まります。
構って欲しいのに、構ってもらえない。
自分のことになら何にでも興味を示してくれていた付き合いたての頃に戻りたい。
男はみんなそういう生き物なのか、それとも彼氏は私のことを好きじゃなくなってしまったのか、と思い悩む彼女の気持ちが心に刺さります。

ばーか (feat. あれくん) 歌詞 「りりあ。」
https://utaten.com/lyric/nm20061617
彼女が思い切って別れを切り出してやっと、彼氏は構ってくれるようになります。
好きな気持ちは溢れるほどあって、ただ二人で幸せに過ごしたいだけ。
好きな気持ちと信じられない気持ちが入り混じりますが、どうしようもなく彼氏のことを好きな気持ちは変わりません。
繋がりが見えないことを不安に思い、体で触れ合うしかないことを示した歌詞は、女性の恋愛心理をストレートに描きだしています。
タイトル「ばーか。」に込められた意味は?
ばーか (feat. あれくん) 歌詞 「りりあ。」
https://utaten.com/lyric/nm20061617
「愛しているよ」と彼氏は言いました。
「いっつもいっつも騙されていた」という歌詞から、ここまでのやりとりは過去にも何度も繰り返されていたことがわかります。
同じような喧嘩、ただ謝るだけの彼氏、それを許してしまう彼女。
どうして人は同じ過ちを繰り返してしまうのでしょうか。
この彼女もくだらないやりとりを繰り返していることには、気付いていたのでしょう。
彼の言葉も自分の気持ちも信じる決意をします。

ばーか (feat. あれくん) 歌詞 「りりあ。」
https://utaten.com/lyric/nm20061617
信じることを決めたからこそ「ばーか。」と、口から出る言葉が照れ隠しになってしまうのがなんとも現実的です。
この楽曲が多くの共感を得ている理由は、描いている歌詞が全てリアリティを伴っているからでしょう。
誇張や大袈裟な表現は一切なく、誰もが頭の中で思い浮かべたことのある気持ちをそのまま歌詞にしています。
心情とは裏腹に出るセリフもリアリティを引き立てる大きな要素です。
タイトル『ばーか。』は、素直になっても本心が言える訳ではないというリアルさを意味しており、それこそがこの楽曲のテーマになっています。
ばーか (feat. あれくん) 歌詞 「りりあ。」
https://utaten.com/lyric/nm20061617
1番の歌詞が彼女の心情を描いていたのに対して、2番では彼氏の気持ちが描かれます。
先程の彼女の言葉を受けて、それに回答した形の歌詞になっており、1番と2番で時間軸が対応しています。
「ばーか。」が教えてくれること
ばーか (feat. あれくん) 歌詞 「りりあ。」
https://utaten.com/lyric/nm20061617
この歌詞ではすれ違うカップルをリアルに描いていますが、最終的に二人のわだかまりは解消され、愛し合って歩んでいくことになります。
先述したように、現実では喧嘩などのくだらないやりとりを繰り返してしまい、心から幸せだと思えないカップルがほとんどかと思います。
では、この歌詞で描かれるカップルがハッピーエンドに向かって歩き始められたのはなぜでしょうか?
それは、互いのことを心から信じ合えたからです。
相手のことを信じるというのは、思っている以上に難しいことです。
自分の嫉妬や不安を盾にして、相手が信じてくれることばかり願って、結局は自分が相手のことを信じられていなかったりするものです。
『ばーか。』を聴いて、素直な気持ちを思い出してみてください。
それを恋人に伝えることができたなら、この曲の二人のように「また1つ」になれるはずです。

TEXT 富本A吉

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着