藤川千愛、書き下ろし新曲「バケモノ
と呼ばれて」がTVアニメ『無能なナナ
』EDテーマに決定 本人コメントも到

藤川千愛が、10月にスタートとなるTVアニメ「無能なナナ」のエンディングテーマを担当することが決定した。
『無能なナナ』メインビジュアル
エンディングテーマとなる楽曲は、アニメのために藤川が詞を書き下ろした新曲「バケモノと呼ばれて」。尚、新曲「バケモノと呼ばれて」のリリースについては後日発表となるが、本人からコメントが到着している。
【藤川千愛 コメント】
アニメ『無能なナナ』のエンディングテーマを担当させていただく藤川千愛です。
次は騙されないぞと注意してもやられてしまう快感!物語は想像の斜め上をいく展開で、序盤からすっかり裏切られました。やられた感とモヤモヤ感、こんな感情で主人公に対峙したのは初めての経験です。憎んでいたはずが、いつの間にか共感していたりと、気がつけばどっぷりと作品に引き込まれてしまいました。
物語の次の展開を楽しみにしつつ、今回『バケモノと呼ばれて』という曲を書き下ろしました。
特別な能力を持つということ、何も持たないということ、それらの葛藤が何をもたらすのか、私も一緒に葛藤しこの曲を書き下ろしました。この曲が少しでもファンの皆様の心に刺されば幸いです。

アニメ『無能なナナ』は、人の心は読めるが、ちょっと空気が読めない転校生のナナが主人公。孤島にある学園には、さまざまな能力を持つ少年少女が集まっていた、という作品。まさに、そんな作品の内容を表しているような楽曲タイトルだ。
続報に期待しよう。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着